2017年11月30日

ネット利用のリスクの例

ネット利用のリスクの例として
使用していたサービスの利用中止があります。

今回、多くの人が利用していたサービスの終了が告げられました。

無料グループウェア「サイボウズLive」サービス終了について
(プレスリリース)
https://topics.cybozu.co.jp/news/2017/10/24-4407.html

無料である以上は、止められても文句は言えないだけに
利用している皆さんにとっては、頭の痛いところです。

無料のサービス、いわゆるフリービジネスモデルのサービスは、
サービス提供側の都合で中止や廃止になる可能性があります。
これは、大きなネットリスクのひとつであるといえるでしょう。
SNSやスマホゲームの多くが、フリービジネスモデルを利用しています。
中断や終了のリスクは常にあるということでもあるのです。
さて、当然、突然すぐに終了となれば、後のビジネスも上手くいきません。
顧客満足度を激減させることになるからです。
ということで、最近は、1年くらいの計画的な終了という流れが多いようです。
計画倒産みたいなものですね。
ユーザーは、猶予期間に、データのバックアップと
利用サービスの移行を行うことになるということです。
移行するのも、楽ではありません。

今回のサイボウズLiveについて言えば、
確かに似たサービスは、無料、有料と存在しています。
しかし、移行したとたんにまた移行なんてことは
多くのユーザはいやだなっと思っていることでしょう。
ということは、安定と利便性を勘案して、
使用しているユーザ数規模や、使用しているサービス内容が
問題ないのかをチェックして、
まずは、使ってみるという流れになるといったところですね。

サイボウズの推薦の有料サービスへの移行をする人は
意外と少数ではないのかなっと感じます。
となると、無料で適当なサービスを探すということになるわけです。
代替候補としては、以下の通り
結構、考えられるものがあります。
あとは、グループメンバの中での合意ということに
なるでしょう。


代替

R-GROUP
https://jp.r-group.com/

iQube
http://www.iqube.net/

Aipo
https://www.aipo.com/

GRIDY
https://knowledgesuite.jp/service/groupware.html

Grmo
https://grmo.jp/

Mirai'Z
https://groupware.miraiz.bz/

ChatWork
https://www.chatwork.com/

Moodle
https://moodle.org/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:46| 静岡 ☀| Comment(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。