2018年06月01日

五戒について

五戒について

お釈迦様の深い教えは、日本には残念ながら
伝わってきていないものの
お釈迦様の教えの基本となるものは
大乗仏教として中国経由で日本にも
伝わっているものはあります。
その基本中の基本が、
「在家の五戒」
の教えです。

これは、在家とあるように
出家したお坊さんはもちろんのこと
檀家の皆さん、信者の皆さんも守るべきものとして
伝えられているものであるわけです。
仏教の基礎中の基礎といえるかもしれません。

その五つの基本であっても、
しっかりと守ることができる人が少ない社会に
平安があるわけもないのかもしれません。
また、守れないということは、
カルマを積むということでもあったりします。
地獄の深い方に逝きやすくなってしまうと
いうことになるわけです。
カルマを多く積んでしまうと、
死後、地獄でも深い地獄にいかなければ
ならなくなってしまいます。
そうならないためにも、
五戒は守って生きていくのが善いでしょう。

不殺生戒(ふせっしょうかい)
- 生き物を殺してはいけない。
殺すことに関与してはいけない。

不偸盗戒(ふちゅうとうかい)
- 他人のものを盗んではいけない。
盗みに関与してはいけない。

不邪淫戒(ふじゃいんかい)
- 不道徳な性行為を行ってはならない。
邪な想いを抱いてはいけない。

不妄語戒(ふもうごかい)
- 嘘をついてはいけない。

不飲酒戒(ふおんじゅかい)
- 酒を飲んではいけない。

善き人として、守るべき基本が、
この教えには含まれていると言えるでしょう。
お釈迦様が御生れになる10万年前に
神様からお釈迦様の降臨が告げられたとき
お釈迦様の傍で学ぶことが出来る者の
条件として、五戒を守って生きたものであることが
告げられていました。
この世で五戒を守って生きることは、
正道であり、霊性修行の王道であると
いえるでしょう。
お釈迦様の教えが広がって欲しくない存在は
五戒が守れないように誘惑してきます。
いろいろと守れない言い訳を教授してくるのです。
守らなくても大丈夫な理由をつくりだすように
誘導してきます。
嘘は言わずに、でも嘘を思い起こさせるように、
惑わしてくるわけです。
五戒が守れないときの言い訳の全てが
まさに、そのような誘導から生まれた理屈であり
真理から離れたものであるわけです。
聖者と呼ばれるようなレベルの方々は、
普通に生活していて、五戒を守っているレベルと
なっています。
自然に身についているということです。

日本にいると、なかなか守れないものは、
不飲酒戒と
不殺生戒といえるでしょう。
日本は、それほど次元の高くないスピリチュアル的な存在や
エンティティといった存在などと交流してきたため
お酒好きなエンティティにお酒を捧げたりしてきました。
海のある国ということで魚を殺すことも多いです。
また、明治維新後は西洋化の流れのなかで
肉を食べることも多くなってしまいました。
殺処理された死体を食べるのは殺す原因となっていると
いうことなのです。
この3つの戒を守れないためにカルマを積んでいます。
日本に生まれたこと、
五戒を守れないような環境に生まれたことも
過去世におけるカルマのためだといえます。
したがって、カルマ解消のためには、
努力と苦労が必要となるのは仕方のないことです。
出来なければ、カルマを増やして来世で苦労するだけです。

日本仏教が、お釈迦様の教えが伝わっていないと
いわれてしまうのは、出家していない人でも
守るべきだとお釈迦様が教えてくださっている
五戒すらも守れていないことが理由であるともいえるでしょう。

生活習慣としての基本、
禁酒、ベジタリアンは、当然のこととして、
他人のものを盗まないのも当然であり、
不純な性行為についても当然であり、
嘘をつかないのも当然ではあります。
私も、なんとか守っているかなと
いったところでしょうか。
でも、人生の歩みとしては
まだまだ足りないところばかりです。

ひとりでも多くの人が、
お釈迦様の教えに耳を傾けて
人生をより深く豊かなものにしていけるように
できることを願ってやみません。

今世における霊性修行において、
五戒を守ることは初級以前のレベルといわれます。
五戒を守って、その先に進むのであれば
より善き来世があるでしょう。
では、何を為すのがよいのか、
それについてもお釈迦様は教えてくださっています。
それを学ぶかどうかも、また、
ひとりひとり、自分自身で決めていくことなのです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:51| 静岡 ☀| Comment(0) | コラム:神の叡智から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。