2018年06月29日

ワールドカップ2018 ロシア大会 グループリーグ終了

ワールドカップ2018 ロシア大会 グループリーグ終了

グループリーグ終了して、
日本代表は、3回目の決勝トーナメント進出を決めることができました。
勝点4での通過は、アルゼンチンと日本の2チームのみ。
日本は、フェアプレーポイント差での2位と
まさにぎりぎり(フェアプレーポイントも同じであれば抽選でしたね)の
ところでの2位ということになりました。
最終戦は、0−1の負けの状態で、
そのまま試合を終わらせるという選択をして、
そのまま試合を終わらせるという結果を
選ぶことになりました。
この選択について、非難する皆さんもいるようですが、
結果がすべてのワールドカップですからね。
海外では当然だと思うことでしょう。
外国人監督であれば、当然、同じ選択をしただろうと思います。
驚くべきは、日本人監督で、しかもワールドカップで
日本代表が、この選択をし、そして結果を勝ち得ることが
出来たということです。
これは、ある意味で凄いことだと思います。
もちろん、引き分け以上の結果を得ることをベストとして
挑んでいたといえますが、
試合の流れによっては、負けでも良いケースもあり得ると
いうことはわかっていたわけです。
その時に、しっかりと負けでの条件をクリアしたまま
試合を終わらせるという選択を実行できるのか
それが監督の采配と選手の能力・意識に問われるものに
なるわけですが、日本代表において、
過去、このパターンでの選択を実践してしかも結果を出すことが
あったのかと問われると思い出すことが出来ません。

西野監督といえば、
アトランタオリンピックでの
マイアミの奇跡が話題に出ますが、
このときのグループリーグでは、日本代表は勝点6を取りながら
3位となり、グループリーグ敗退という結果に終わっています。
勝点6であっても、グループリーグで敗退することはあるのです。
今回は、勝点4ではありましたが、
グループリーグ突破という結果を得たわけです。
しかも、メンバー6人を変えての最終戦でした。

イングランド、ベルギーもメンバー9人を変えて
最終戦を戦っていました。
最終戦で、全力を出さず主力を休ませることができる
これは、決勝トーナメントを戦うのであれば
当然、考えるべき選択肢であるわけです。
これまでの日本は、その選択を取ることは
ありませんでした。
今回も、その選択をする余裕はないだろうと
思っていました。
ところが、西野監督は、決勝トーナメントを
見据えた選択をしてきたわけです。
これは、英断であったといえるでしょう。
過去の大会において、日本代表は
グループリーグに全力を投入し
疲労したまま決勝トーナメントへ挑み
敗退したわけです。
今回は、果たして、どうなのか、
決勝トーナメントの初戦の相手は、
イングランドを破り、3連勝でグループリーグを終えた
ベルギーということになりました。

ベスト16、3回目のチャレンジで
勝利という結果を得ることが出来るのか、
日本代表の戦いぶりに注目といったところでしょうか。
ベスト8という結果を勝ち得たとき、
グループリーグの選択は、すべて肯定されることに
なることでしょう。


Tiebreakers
The ranking of each team in each group stage is determined as follows:
1.Points obtained in all group matches;
2.Goal difference in all group matches;
3.Number of goals scored in all group matches;
4.Points obtained in the matches played between the teams in question;
5.Goal difference in the matches played between the teams in question;
6.Number of goals scored in the matches played between the teams in question;
7.Fair play points in all group matches (only one of these deductions shall be applied to a player in a single match):
First yellow card: minus 1 point;
Indirect red card (second yellow card): minus 3 points;
Direct red card: minus 4 points;
Yellow card and direct red card: minus 5 points;
8.Drawing of lots by the FIFA Organising Committee.

アジア勢成績
 日本  2位 1勝1敗1分
 サウジアラビア 3位 1勝2敗
 イラン 3位 1勝1敗1分
 豪州  4位 1分2敗
 韓国  3位 1勝2敗

グループ A 結果
ロシア 5 - 0 サウジアラビア
エジプト 0 - 1 ウルグアイ
ロシア 3 - 1 エジプト
ウルグアイ 1 - 0 サウジアラビア
サウジアラビア 2 - 1 エジプト
ウルグアイ 3 - 0 ロシア

グループ B 結果
モロッコ 0 - 1 イラン
ポルトガル 3 - 3 スペイン
ポルトガル 1 - 0 モロッコ
イラン 0 - 1 スペイン
スペイン 2 - 2 モロッコ
イラン 1 - 1 ポルトガル

グループ C 結果
フランス 2 - 1 オーストラリア
ペルー 0 - 1 デンマーク
デンマーク 1 - 1 オーストラリア
フランス 1 - 0 ペルー
デンマーク 0 - 0 フランス
オーストラリア 0 - 2 ペルー

グループ D 結果
アルゼンチン 1 - 1 アイスランド
クロアチア 2 - 0 ナイジェリア
アルゼンチン 0 - 3 クロアチア
ナイジェリア 2 - 0 アイスランド
ナイジェリア 1 - 2 アルゼンチン
アイスランド 1 - 2 クロアチア

グループ E 結果
コスタリカ 0 - 1 セルビア
ブラジル 1 - 1 スイス
ブラジル 2 - 0 コスタリカ
セルビア 1 - 2 スイス
スイス 2 - 2 コスタリカ
セルビア 0 - 2 ブラジル

グループ F 結果
ドイツ 0 - 1 メキシコ
スウェーデン 1 - 0 韓国
韓国 1 - 2 メキシコ
ドイツ 2 - 1 スウェーデン
韓国 2 - 0 ドイツ
メキシコ 0 - 3 スウェーデン

グループ G 結果
ベルギー 3 - 0 パナマ
チュニジア 1 - 2 イングランド
ベルギー 5 - 2 チュニジア
イングランド 6 - 1 パナマ
パナマ 1 - 2 チュニジア
イングランド 0 - 1 ベルギー

グループH 結果
コロンビア 1 - 2 日本
ポーランド 1 - 2 セネガル
日本 2 - 2 セネガル
ポーランド 0 - 3 コロンビア
日本 0 - 1 ポーランド
セネガル 0 - 1 コロンビア

決勝トーナメント ベスト16組合せ
欧州 10
南米 4
北中米カリブ 1
アジア  1
アフリカ 0

スペイン  vs ロシア
・開催国とワールドカップ優勝経験国のカード
 ロシアがホームの利を発揮して勝つことができるのか
 スペインが本来の地力でロシアを退けるのか

クロアチア vs デンマーク
・グループリーグ全勝のクロアチアは
 その勢いのままで、デンマークを退けるのか

スウェーデン vs スイス
・欧州の中堅どころの争いという感じ。

コロンビア vs イングランド
・最終的に1位通過した南米の雄と
 サッカーの母国の対決は、どちらに軍配が?

ウルグアイ vs ポルトガル
・グループリーグ全勝のウルグアイは、
 ポルトガルのエースを抑えて勝利できるか

フランス vs アルゼンチン
・ワールドカップ優勝経験国同士の対戦
 調子をあげてきたアルゼンチンに
 フランスはどう対するのか

ブラジル vs メキシコ
・南米と北中米の雄の対戦は、
 果たして、どんな結末に

ベルギー vs 日本
・ベスト16最弱の日本が、
 好調ベルギーをあいてにどこまで戦えるのか
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。