2018年10月29日

「テクノロジーで社会・地域の課題を解決する「CIVIC TECH(シビックテック)」セミナー」

「テクノロジーで社会・地域の課題を解決する「CIVIC TECH(シビックテック)」セミナー」
【開催趣旨】
シビックテック(CivicTech)は
ITなどテクノロジー を活用して社会や地域の課題を解決するための取組であり、
米国の「Code for America」を代表として
世界的にも年々注目を高めており、
日本でも様々な組織・人材による全国的な取組が営利・非営利を問わず活発化しています。
本セミナーでは、シビックテックの最新動向や、
ブロックチェーン・オープンデータの活用など
社会・地域の課題解決への取組事例を広く紹介します。ぜひご参加ください。
【講師】
アーバンデータチャレンジ実行委員/事務局
兼 東京大学 都市情報学 研究員 Civic Tech 講師
小俣 博司 氏
※NC制御、組み込み系ソフトウェア、
デジタル信号処理からエンタープライズサービスまで
長年にわたり幅広くソフトウェア開発を経験。
福井県鯖江市のオープンデータの取組を支援し、
その後 Code for Japan のフェローとして
福島県浪江町役場に勤務、
Androidタブレット事業に従事する。
現在は東京大学生産技術研究所特任研究員として
研究に従事しながら、
シビックテックやオープンデータ/
オープンガバメントの普及に向けて精力的に活動している。
オープン川崎/Code for Kawasaki主宰、
アーバンデータチャレンジ事務局なども務める。
【日時】
2018年10月29日(月)  10:30〜12:00
【会場】
みなとパーク芝浦 2階学習室(港区芝浦1-16-1)
主催/港区産業・地域振興支援部 産業振興課
 03(3578)2551
企画運営/株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)
協力/一般財団法人デジタルコンテンツ協会
 芝信用金庫、西武信用金庫

講義聴講メモ
・参加型データ社会
”多様な参加方法でデータを使いたい・作りたいと思える社会に”
 オープンデータなど各種データの利活用
・シビックテック
・街の将来像可視化ツール:MyCityForecast
 30年後をシミュレーションするツール
 https://mycityforecast.jp
・AIやIoTを利用した地域課題解決
 自治体の道路管理支援ツール
 スマホアプリ->データ共用サーバー
・アーバンデータチャレンジ2018
 6年目。データの力を、まちの力に
 コミュニティ形成型コンテスト
 まちの情報->オープンデータxシビックテック
 アプリケーション、データ、アイデア、アクティビティ
 拠点48+2(都道府県単位、東京と北海道は2つ)
・シビックテック
 市民の自治とオープンなテクノロジー・データを通じて
 地域課題や社会課題の解決を目指すこと
 Web2.0->Government2.0->Civic Tech
・Government2.0の要素
 行政の透明性 Transparency
 市民参加 Participation
 市民協働 Collaboration
   ↓
 Open Government
・Code for America
 ジェニファー・パルカ
 「コーディングでより良い政府を作る」
 「行政のサービスをスマホのように使いやすく」
 https://www.codeforamerica.org/
 フードスタンプ
・日本の人口の推移 2013年から減少方向に
 地方財政を考える 逗子市7億円不足、富山市借金化->サービス削減
 茅ヶ崎市の借金時計
・Cide for Japan 2013年設立
 3年間でプリゲイトと呼ばれるコミュニティ70以上に。
 http://code4japan.org/
 マッピングパーティー、アイデアソン、ハッカソン
・シビックテック5つの領域
 公共サービス領域、セルフサービス領域、民間サービス領域
 実証実験・特区領域、スマートシティ領域
 https://www.sbbit.jp/article/cont1/34240
 シェアリングエコノミー:メルカリも新しいシビックテックといえる
 自分たちの必要なもの欲しいものを自分たちで作っていく。
 小さなマーケットであっても構わない。マーケット規模にあわせたコスト。
 ITなど利用してコストを下げる。
・シビックテックの大きな3つの領域(アメリカ)
  GovTech:政府や行政のサービス改善
  Advocacy(アドボカシー):非営利団体、政治運動、
   一般市民による、政策提言や権利擁護活動
  Voting(投票):投票プロセスの改善
・日本のシビックテックは、ニュー・アメリカ財団で言われている
 公益テクノロジーなのかもしれない。
・シビックテックの本質
 人々の平等を実現したり、課題解決に役立てるために
 テクノロジーを使わなければいけないのだと思った。
 考える市民が生まれてことこそ、シビックテックの本質。
 テクノロジーさえあれば、全てを解決できると思っていたらそれは違う。
・連携が大切
 自助(個人)、共助(家庭、企業や地域コミュニティ)
 公助(国・行政)
・オープンデータ(=開放資料)
 目的を問わず、誰でもどこでも自由に使用・編集・共有できるデータ
 個人情報など誰かが困るデータは対象外
  法的な開放性:データの取得・作成・加工・共有
  (配布・再配布等)が、法的に制限されていないこと
  技術的な開放性:データが機械可読でき、加工する上での障壁が低いこと
  開放する主体:公的機関、民間や草の根組織
・オープンデータと個人情報
 個人データ保護規則の厳格化
 GDPR(EU一般データ保護規則)
・オープンデータビジネス3+1つのタイプ
 付加価値型:可視化
 新価値創造型:多様なデータの掛け合わせ
 プラットホーム型:データの蓄積提供
 間接型:マーケティングなど間接的な利用
・シビックテックとブロックチェーンの接点
 ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、分散型ネットワーク
 Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System
 ブロックチェーンの特徴
 非中央集権
 取引の自動化を実現
 データの改ざんが実質的に不可能
 全体の合意で正当性を証明
 誰でも参加可能
・ブロックチェーンの種類
 パブリック型
 プライベート(コンソーシアム)型
・ブロックチェーンのレイヤ
  インターネット(TCP/IP)
  ブロックチェーン(Bitcoin,Ethereum,・・・)
  アプリケーション(仮想通貨、電子投票、送金決済・・・)
・ブロックチェーン分散型台帳技術
  唯一性の合意
  存在性の証明
  正当性の保証
・存在の証明
 デジタルであれば記事の内容や日付の加工可能
 存在しなかったことの証明はできない
 撮影、録音、録画でも加工は可能
・ブラックチェーンの課題
  ビザンチン将軍問題(51%問題)
  スケーラビリティ
  秘匿性が困難
  匿名性が高い
  インセンティブ
・ブロックチェーンとシビックテックの可能性
  信頼という新しいカタチの仕組み
    大勢の人の承認と
    新聞等の出版数が多数ありことで人々が記事の存在を証明
    オープン(透明性)
    非中央集権
  シビックテック・オープンガバメント
  オープンデータ
  権利や証明を非中央集権で実現
  遊休資産の有効活用、シェアリングの実現
  オープンで高信頼な情報共有の実現
  プロセス・取引の全自動化・効率化の自治源
・それが必要?
  地域通貨
  ウィキペディア
・データの側面からみたオープンデータ
  ボトムアップ型
  ミドルアップ&ダウン型
  トップダウン型
・事例
 ウィキペディア日本語版
 OpenStreetMap
 LocalWiki
 FixMyStreet、SeeClickFix、ちばレポ
 Open311
 My City Report
------------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:40| 静岡 ☀| Comment(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。