2019年01月30日

奇跡の小学校の物語

奇跡の小学校の物語
桜の木が見守り続けた学校
枯れそうになった桜が生き延びて
廃校になりそうになった学校が
小規模特認校として生き残る
35名まで減った生徒が
102名まで増えていった
地域の支える学校の復活は
絆と地域愛による行動の結果
それは、奇跡のようにみえるかもしれないが
実は、出来ることを着実な努力の積み重ねにより
実行していった
当たり前の結果であるともいえるだろう。
親が通わせたいとおもう学校は
学校だけでは実現しないということなのだ。
それを示してくれた記録がここにある。
http://www.mirukiseki.com/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:22| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。