2019年03月05日

働き方改革など・・・・

働き方改革など・・・・

国会は、来年度の予算の話を進める与党と
とにかく与党の足を引っ張りたい野党の形式的な
儀式が進行中ですね。
最近の野党は、国民の為の議論をするのではなく
与党の足を引っ張って正義のミカタをカッコぶるのに
忙しい感じにしかみえなくて残念です。
もっと有意義な議論をして欲しいものですが、
国民が選んだ人なので、国民のレベルもそんなものだと
言われてしまえばそれまでだともいえるでしょう。
一票の大切さをしっかりと考える必要がありますね。
働き方改革について、政府の方針は既に提示されています。
その方針に基づいて、具体的な政策を考えるのは
行政の役割ですが、その行政に意見をし、予算を与えるのが
国会議員の役目になるわけなので、働き方改革の具体案に
関する議論をもっと国民に示して欲しいと願ってやみません。
労働施策基本方針の中のどの部分を重要視するのか
野党も意見を主張して欲しいものです。
既に、一定の結論の出ているものをいつまでも
長引かせていても何も生まれません。
それよりも、これから予算を投入すべき施策に対して
より効果を出すために、行政から情報を吸い上げ
修正是正点を指摘し、改善案を提示するといった
国民の為になることをして欲しいと思います。
国民も、そんな発言をしている議員を後押しして、
足の引っ張り合いに終始している議員に投票するのは
やめるべきでしょう。

改元の年、新しい時代に向けて、
日本という国が、どの方向に向かっていくべきなのか
現実をしっかりと見据えつつ理想を忘れずに、
指針を提示できる議員が誰なのか、
しっかりと見極める目が、国民に求められているのだと
いうことです。


労働施策基本方針
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03094.html

働き方改革の実現
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html

働き方改革推進支援センターのご案内
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000198331.html

労働契約法の改正について 有期労働契約の新しいルールができました
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/kaisei/index.html

派遣労働者の同一労働同一賃金について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077386_00001.html

パートタイム労働者とは
https://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/tp0605-1e.html

厚生労働統計に用いる主な比率及び用語の解説
https://www.mhlw.go.jp/toukei/kaisetu/index-hw.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:32| 静岡 ☀| Comment(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。