2019年06月08日

個の為に生きることの本質と個人主義のあるべき姿

個の為に生きることの本質と個人主義のあるべき姿

個人主義というのは、いくつかの立場があり、
異なる意味合いをもって語られている部分もある
個人を大事にするということは間違っていない
しかし、個人を大事にするがゆえに、
他人を害するのは善いことであるとは言えない。
個人主義を正義の主張として叫ぶ人の多くが、
何よりも個が大事であって、他が阻害されても
構わないのだっという風潮が見受けられる。
個人の自由という言葉は、多くの場合、
ワガママや独善的、傲慢、っといったものの
隠れ蓑として使用されている。

個人主義(individualism、individualisme)は、
国家や社会の権威に対して個人の権利と自由を尊重することを主張する立場、
共同体や国家、民族、家の重要性の根拠を個人の尊厳に求め、
その権利と義務の発生原理を説く思想であり、
テン語のindividuus(不可分なもの)に由来している。
対語としては、全体主義、集団主義、集産主義などがある。
西洋は個人主義的で、個人主義の概念は西洋文化にありといわれる。
個人主義と「利己主義」は同一ではないが、しばしば同意的に語られている。
個人主義は個人の自立独行、私生活の保全、平等、所有、権利を主張する。
19世紀から20世紀にかけてのアメリカで社会的な理想のようなものとして
語られるようになっていく、
個人主義は非常に多義的で多くの観念が結びついている
社会学的、方法論的、政治的、経済的、宗教的、倫理的、認識論的など、
様々な論点が存在している。
人間がひとりひとり個性をもった自立したものであり、
尊厳をもった存在であることは間違いない。
ただし、個人のもつ自由や権利は、必ずしも絶対的なものとはいえない。
「天上天下唯我独尊」という言葉は、
個人の存在は、この世界の中で唯一のものであること
それゆえに価値があり、尊厳をもって扱われなければならないという
普遍的な事実を語ったものである。
個人主義の中から生まれてくる主義主張は様々である。
個人の利益・欲としての幸福だけが道徳の規準になるとしたものが
エゴイズム・利己主義であり、
幸福がもっぱら自己の快楽であるしたものが
快楽主義・享楽主義である。
その一方で、自身の自由と権利を尊重するのと同様に
他人の自由と権利を尊重することを個人主義と表現する考え方もある、

個人を大事にするというとき、
まず、第一に自分自身を大事にするということが
求められる。その次は、両親であり、兄弟姉妹であり、家族親族と
なっていく。社会や国家を構成する最小単位は、個人である。
集団主義や全体主義に対立するものとして
個人主義が語られることがある。
それは前者が個人よりも集団を優先する立場であるという視点から
対比されるものであり、本来は対立すべきものではない。
個人があって、夫婦があり、親子があり、兄弟姉妹があり、
親族があり、地域社会があり、国家がある。
個人の存在がすべての基本であることは間違いなく
この世も、個人をベースにした絆と繋がりによって
構成されていき、維持されている。
この世をより善きものにしていくためには、
個の人格形成は不可欠であり、
そして、その次に大事なものは、もっとも最小単位の集団である
夫婦のあり方であるといえる。
この世での幸せを追求するならば、個人の次に考えるべきは
夫婦ということになるのは必然であり、
夫婦の次に考えるべきは親子と家庭ということになる。
この世の理想、あるべき姿を説くならば、
個人の形成の次に家庭の形成が語られるべきであり、
親子、家族の形成が語られるべきであろう。
この世で、より過ごしやすく、幸福な環境を成すことは
霊性修行を行う環境を整えることにも繋がるので悪いことではない。
ただ、輪廻転生の輪から抜け出すことは出来ない。
苦の連鎖から脱することは出来ない。
解脱するのは、個々の魂であり、個人個人である。
つまり、霊性修行による成長は、個人の成すべきことであり
魂の成長は、その魂にしか出来ないことである。

個人主義の本質とは、存在するのは魂であり、
魂は、個々、ひとつひとつ異なる存在であり、
それぞれに尊厳をもって扱われるものであるということ
そして、魂の成長は、ひとりひとり、自分自身にしか
出来ないことであって、他人や他の魂が関与できるものではないと
いうことなのである。
神や仏も、魂の成長に直接は関与することは出来ないし、
神や仏も、成長するためには、自ら自身で学ぶことが必要になる
それが、本質的な個人主義の根源であり、
この宇宙の真理であるということである。

個人主義の本質は、魂の存在と、霊性修行の成すべきことを
示すものであるはずなのだが、
それを隠そうとする存在もまたこの世にはある。
サタンやバッドスピリッツなどの存在である。
それらは、自由、権利、平等という言葉で、
人の欲望を掻き立てるように誘導していく。
この世の幸福を、この世の欲望を追い求めるように
言葉巧みに誘いをかけてくる。
たしかに、この世が平和であること、社会は平和であり
多くの人が幸せを感じることは悪いことではない。
しかし、それらは刹那的なものでしかないことも事実である。
本当の道は、解脱のための悟りを得るための道であり、
それは、それぞれ個人の魂が、それぞれの立場で、
カルマ解消をし徳分を積み、霊性修行をしていく道であり
他の人も、神様も、関与することの出来ない真理と原理が
存在しているのである。
個人主義は、本来、解脱への道を示すものであるべき
であるといえるだろう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:43| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。