2020年03月07日

新型コロナウイルス 映画館情報

エンタメ業界にも大きな打撃ですね。

【新型コロナウイルス】
映画館のチケット払い戻し&休館&公開延期作品情報
<公開延期作品>
「映画しまじろう しまじろうと そらとぶふね」(2月28日公開→公開日未定)
「映画ドラえもん のび太の新恐竜」(3月6日公開→公開日未定)
「劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス」(3月6日公開→公開日未定)
「2分の1の魔法」(3月13日公開→公開日未定)
「ムーラン」(4月17日公開→5月22日公開)
「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」(3月27日公開→初夏公開)
「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」(4月10日公開→英国公開日:11月12日、全米公開日:11月25日、日本公開日:未定)
「ドクター・ドリトル」(3月20日公開→公開日未定)
【3月5日更新情報】
▽シネマサンシャイン下関
 下関市の新型コロナウイルスの感染者の発生に関して、
3月4日昼過ぎ、下関保健所より、当該感染者が、
2月22日の「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
(午後12時45分の回)を同館で鑑賞にしたと連絡があった。
この連絡を受け、3月4日の午後3時10分以降の上映回から順次営業を休止。
下関保健所指導の下場内及び共用部の消毒作業に入る。
当該感染者の来場があった2月22日を起算日として、
新型コロナウイルスの経過期間といわれる14日目の3月6日までを消毒期間として、
営業を中止する。現在、3月7日からの
営業再開を予定しているが、正式決定後、劇場公式HPおよび劇場公式SNSで発表される。

▽セントラルシネマ三光
プレオープン(3月6日:午前9時〜午後6時)が中止となり、
グランドオープン(3月7日午前9時〜)は延期となった。

▽新千歳空港シアター
3月4〜19日は、臨時休業。

▽ディノスシネマズ(旭川・室蘭・苫小牧)
7日からの上映タイムテーブルは、営業再開日が正式決定してから掲載に
(現在は、3月6日まで臨時休業中)。

▽神戸アートビレッジセンター
3月3〜15日は、臨時休館。3月16日の開館を予定しているが、
今後の推移をみながら神戸市が決定する。

▽船堀シネパル
3月2日より、当面の間、休館することに。
休館期間中の前売り券発売も延期となり、
営業再開日は関係行政機関等からの情報を鑑みたうえで発表される。

▽松江東宝5
チケット先行販売を中止し、当日券のみの販売。
3月8日より、当面の間、レイトショーの上映を休止する。

▽K's cinema
3月15〜20日に予定していた
「S.T.E.P. 大学連携による映画人育成のための上映会 2020」は開催中止に。

▽笠間ポレポレホール
3月6〜15日は、営業休止。

▽京都文化博物館映像ホール
2月28日〜3月16日は、2階総合展示室および3階フィルムシアターを閉室。

▽山口情報芸術センター
3月7〜30日は、臨時休館。当初から予定していた全館休館日である
3月4〜6日、31日も、予定通り休館。休館中は、火曜日、3月26日を除き、
「チケットの販売、予約・引き取り」
「any会員の新規申し込み、更新手続き」
「『YCAM爆音映画祭2020特別編』中止に伴うチケットの払い戻し」
にかかわる窓口および、電話対応のみ行う。館内の他施設の利用は不可。

▽KBCシネマ
3月6日の上映分より、当面の間、翌日以降のチケット販売を中止し、
当日上映分のみに。また、座席間隔を1席ずつ空けての販売となる。
Webでは、当該日の午前0時から、劇場チケット売場は営業開始時間からの販売となる。

▽イオンシネマ
感染拡大の防止措置として、クラスター感染が発生した近隣地域で営業している9劇場が、
3月7〜15日に臨時休業。北海道エリア「イオンシネマ江別、イオンシネマ北見」、
千葉エリア「イオンシネマ市川妙典」、
名古屋エリア「イオンシネマ大高、イオンシネマワンダー、イオンシネマ名古屋茶屋」、
大阪エリア「イオンシネマ大日、イオンシネマ四條畷、イオンシネマ茨木」。
営業再開は、3月16日を予定している。
なお、3月6日にグランドオープンを予定していた「イオンシネマ座間」は、
開業が延期となった。

▽アースシネマズ姫路
3月5日正午より、当面の間、座席指定券の先行販売期間を3日先までの予約販売から、
当日分のみの販売へ変更。HPでは、当該日の当日の午前0時から、
劇場窓口での販売は当該日当日のオープンからの販売となる。
なお、座席指定券購入済の対象者には、鑑賞日の
変更、もしくは払い戻しに対応。体調不良、当日の来館を控える観客は、
購入の座席指定券の上映時間前までに、劇場への連絡が必要となる。

【3月4日更新情報】
▽ユナイテッド・シネマ/シネプレックス/ YEBISU GARDEN CINEMA
翌日以降のチケットを中止し、当日上映のみの販売に。HPでは、
上映当日の午前0時から、劇場窓口は上映当日の開場時間からの販売となる。
また、ユナイテッドシネマ札幌は、当面の間、スーパーレイトショーを休止する。

▽スターシアターズ
沖縄・スターシアターズが、県内で運営するシネマコンプレックス、
ミニシアターの営業時間短縮を決定。3月6〜13日は、
シネマQ(午前10時〜午後8時30分)、
シネマライカム(午前11時〜午後8時30分)、
ミハマ7プレックス(正午〜午後7時30分)、
サザンプレックス(正午〜午後7時30分)、シネマパレット(午前10時〜午後7時)、
シネマプラザハウス(午前11時30分〜午後7時)となる。
今後の状況次第では、13日以降も措置が延長される可能性あり。

▽アレックスシネマ(高槻、大津、水口、鯖江、敦賀)
3月6日の上映分より、一定の間隔をあけて、映画を鑑賞する座席指定システムを設定。
3席以上の連続した座席を指定することができない。
そのため、各劇場の定員数が通常時の50%程度となっている。
また、3月9日以降のスケジュールは、3月8日の0時に発表される。

▽アイシティシネマ
3月5〜15日は、営業時間短縮。変更後の営業時間は、午前10時〜午後7時。
この決定に伴い、3月5日に予定されていた
「新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』ディレイビューイング後編」(午後7時〜)、
「AI崩壊」(午後7時〜)、「野性の呼び声」(午後7時10分〜)、
「1917 命をかけた伝令」(午後7時40分〜)、
「ラストレター」(午後7時45分:3月4日が最終上映)、
「リチャード・ジュエル」(午後7時50分)の上映が中止となった。

▽イオンシネマ
3月6日より、当面の間、レイトのチケット販売を見送り、当日のみのチケット販売となる。

▽109シネマズ
3月6日より、当面の間、チケットは原則1席ずつ間隔をあけての販売となる。

【3月3日更新情報】
▽TOHOシネマズ
各種鑑賞券の有効期限延長を発表。
対象となるのは「2020年3月末有効期限のTOHOシネマズ発行の招待券
・TOHOシネマズギフトカード・TCチケット各種
(PASSPORT TICKET/特別鑑賞引換券/CMモニター券/特別鑑賞券)」。
有効期限は、6月30日。鑑賞時にチケットカウンターに申し出ることで、
延長した有効期限内で鑑賞できるようになる。
TOHOシネマズギフトカードは、2020年3月中に有効期限が切れたカードを対象に、
残額分の期限延長を対応。
TCチケット(コードタイプ)の場合は、
TCチケット番号と暗証番号の分かる画面(印刷可)を提示する必要がある。

▽109シネマズ
3月6日上映分より、当面の間、座席指定券の先行販売を中止し、
当日分のみの販売に。HPでは、上映当日の午前0時から、
劇場窓口は上映当日の開場時間からの販売となる。

▽シネマサンシャイン
3月4日分からは、HP、アプリによる座席指定券の販売時間が、
当該日前日の21時に変更(3月4日分は、3月3日の21時からとなる)。
窓口販売に関する変更はなく、当該日の開場時間からとなる。

▽kino cinema 横浜みなとみらい
3月3〜12日まで臨時休館。3月13日から再開を予定している。
購入済みのチケットに関しては、払い戻しを対応(劇場への連絡が必要となる)。

▽kino cinema 立川高島屋 S.C.館
3月3〜12日まで時間短縮営業。購入済みのチケットに関しては、
払い戻しを対応(劇場への連絡が必要となる)。

▽コロナシネマワールド
コロナワールド全店舗にて、保護者同伴の場合を除き、
小中高校生を対象とした入場制限を実施。
期間は「3月2〜6日:開店〜15時」「3月9〜13日:開店〜15時」(土日は除く)となる。

▽新宿武蔵野館、新宿シネマカリテ
3月6日から予定していた「武蔵野館開館100周年記念上映/3月度『心にしみる珠玉の名作』」は、
上映延期に。延期後の上映日程、
4月度の記念上映「世界のミフネと呼ばれた男 三船敏郎 生誕百年記念」
についての詳細は、後日発表される。

▽OSシネマズミント神戸、OSシネマズ神戸ハーバーランド
3月7日上映分より、当面の間、座席指定券の先行販売・引き換えを休止し、
当日分のみの販売・引き換えに。HPでは、上映当日の午前0時から、
劇場窓口は上映当日の開場時間からの販売・引き換えとなる。
また、両館で実施を予定していたライブビューイングが中止に。
OSシネマズミント神戸では「宝塚歌劇 月組御園座公演
『赤と黒』ライブ中継」(2月29日)、
「L'Arc〜en〜Ciel『ARENA TOUR MMXX』LIVE VIEWING」(3月4、5日)、
「アイドリッシュセブン オーケストラ LIVE VIEWING」(3月15日)、
「西城秀樹|'85 HIDEKI SPECIAL IN BUDOHKAN -For 50 Songs-』上映会」(3月24日)、
OSシネマズ神戸ハーバーランドでは
「THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING PRESENT FOR315@MBITIOUS!!!!!ライブビューイング」(3月7、8日)、
「『三四郎のオールナイトニッポン5周年記念 バチボコプレミアムライブ』ライブ・ビューイング」(3月14日)、
「『SKE48 アリーナコンサート in 横浜アリーナ 私の兆し、皆の兆し 〜あかねまちゅりだ!〜』ライブビューイング」(3月15日)
が対象。チケット返金などの対応は、各作品、各イベントの公式HPで確認できる。

▽飯田センゲキシネマズ
 3月6〜11日は、営業時間短縮。開館は午前9時30分、閉館は午後6時。

▽東京アニメアワードフェスティバル2020
 3月13〜16日に池袋での実施を予定していたが、
全プログラムの開催が中止に。
前売りチケットの払い戻しについては、公式HPで確認できる。

【3月2日更新情報】
▽TOHOシネマズ
 新型コロナウイルス感染の拡大防止に関する政府要請を受け
「臨時休校期間中の小中高校生のお客様のご利用・ご鑑賞につきましては、
ご遠慮いただく場合がございます。
ご理解のほどお願いいたします」とコメントを発表している。

▽シネマジャック/ベティ
チケット販売枚数を、座席数の半分を上限とすることを発表。
隔席でのご着席への協力、ブランケットの貸し出しの中止、
階段の手すり、劇場入口ドア等の共有部の除菌を励行している。

▽シネマサンシャインららぽーと沼津
3月2日より、ららぽーと沼津時短営業に伴い、レイトショー上映が中止となる。

▽キネマ旬報シアター
3月2〜13日は休館。営業再開は、3月14日を予定。休館期間における上映作品の振替上映は、現在検討中。

▽小山シネマロブレ
3月2〜8日は休館。

▽札幌シアターキノ
2月29日〜3月6日はレイトショー休映。

▽シネマハーヴェストウォーク
3月2日から、当面の間、レイトショー休映。

▽シネ・リーブル池袋
3月2日から、当面の間、レイトショー時間を短縮。

▽神保町シアター
3月3〜13日は休館。休館期間における上映作品の振替上映は、現在検討中。

▽東京都写真美術館ホール
2月29日〜3月15日までの期間、展覧会をはじめとする全ての主催事業を休止、
または中止すると発表。
なお、「衝動 世界で唯一のダンサオーラ」(3月13日公開)、
「ロシオ・モリーナ LIVE カイーダ・デル・シエロ」(3月19日公開)は、
同館での公開が延期に。

▽角川シネマ有楽町
 当面の間、翌日以降のチケット販売を中止し、当日上映のみの販売に。
HPでは、当該日の午前0時から、劇場窓口は営業開始時間からの販売となる。

▽EJアニメシアター新宿
 当面の間、翌日以降のチケット販売を中止し、当日上映のみの販売に。
HPでは、当該日の午前0時から、劇場窓口は営業開始時間からの販売となる。

▽立川シネマシティ
「Web予約の際には、感染予防の為にできるだけ隣の方と
1席空けてのご予約をお願いします」とコメントを発表している。

【3月1日更新情報】

▽TOHOシネマズ
体調不良、もしくは来場を取りやめる観客に対し、当面の間、チケットの払い戻しを実施。
払い戻し希望者は、上映時間前までに鑑賞を予定していた劇場に連絡が必要となる。
払い戻しの対象は事前に購入した座席指定券(ムビチケ・前売り券などを除く)。

▽松竹マルチプレックスシアターズ
丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー、東劇ほか全国25劇場でも、
チケットの払い戻しを実施(上映時間前までに鑑賞を予定していた劇場に連絡が必要)。
なお、3月5日に実施予定だったMOVIX京都ドルビーシネマオープン記念「Fukushima50」舞台挨拶、
先行内覧会、プレス向け「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」
ドルビーシネマ試写会は中止となった。

▽イオンシネマ
当日券の事前購入後に体調が優れなくなった観客に対し、
当面の間、チケットの払い戻しの対応を実施。払い戻し希望者は、
上映開始前までに、各劇場まで連絡を必要となる。
また、各種ムビチケや同社シネマチケットを利用し、
当日券を予約した観客については、
対象のチケットを再度利用できる。

▽109シネマズ
劇場で購入した座席指定券(ムビチケ、シネマチケット、各種前売り券、特別上映を除く)のキャンセルに対応。
希望者は、上映時間前までに鑑賞を予定していた劇場に連絡を入れる必要がある。
払い戻し対象は、事前に購入された座席指定券(ムビチケ・前売券等を除く)。
2月末、3月末有効期限のシネマチケット、シネマポイントの有効期限は、
一律有効期限を6月末まで延長する。
シネマチケットは、記載の有効期限を過ぎると、オンラインチケット購入が利用できないため、
劇場窓口で座席指定券と引替え。
コードチケットの利用者は、劇場窓口に、チケット番号、有効期限がわかる画面(印刷可)を提示する。
シネマポイントは、109シネマズが有効期限の延長を行うため、手続きは必要なし。

▽テアトルシネマズグループ
ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷、テアトル新宿、
シネ・リーブル池袋、キネカ大森、新所沢レッツシネパーク、
テアトル梅田、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸を運営する同社では、
チケットの払い戻しを実施。
受付期限は、チケット記載の上映日、上映開始時間まで。
なお、3月5日にテアトル新宿で実施を予定していた
「いざなぎ暮れた。」のプレミア上映&舞台挨拶は中止となった。

▽新宿武蔵野館、新宿シネマカリテ
当面の間、チケットの払い戻しを行う。払い戻しの対象となるのは、両館の劇場窓口、
各映画館サイトで事前に予約されたチケット。
期限は、チケット記載の上映日、上映開始時間まで。
前売り券、ムビチケなどは払い戻しの対象にはならない。

▽シネマート新宿、シネマート心斎橋
座席指定券購入済みで、体調不良のため来館を控える観客に対して、
当面の間、払い戻しを実施。前売り券・ムビチケは対象外。

▽アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺
体調不良、来場を控える観客に対して、当面の間、チケットの払い戻しを実施。
希望者は、鑑賞前に劇場まで問い合わせが必要となる。上映後の払い戻しは対象外。

▽シネマサンシャイン
3月2日から当面の間、座席指定券の先行販売を中止し、当日分のみの販売となる。
HP、アプリでは当該日の午前0時から、劇場窓口は開場時間からの販売に。
また、明るめの照明、小さな音響、幼児同伴での上映企画「おやこシネマ」は、
「映画ドラえもん のび太の新恐竜」(3月10日)、
「2分の1の魔法」(3月17日)、
「貴族降臨 PRINCE OF LEGEND」(3月24日)、
「一度死んでみた」(3月24日)の開催が中止となった。

▽シネスイッチ銀座
当面の間、事前予約は2日前までとなる。

▽飯田橋ギンレイホール
2〜3月中にシネパスポートの有効期限を迎える会員は、
更新扱いとなる期日を4月末日まで延長する。
期限までに来場が出来ない場合は、4月末日まで更新の手続きが可能
(4月末日を過ぎると再入会となる)。

▽ユナイテッド・シネマ
北海道知事・鈴木直道氏による「緊急事態宣言」の影響で、
ユナイテッド・シネマ札幌が2月29日、
3月1日は臨時休業。ユナイテッド・シネマとしまえんでは、
3月13日に開催予定だったIMAXレーザー無料体感会が延期に。

▽ディノスシネマズ
ディノスシネマズ苫小牧、ディノスシネマズ旭川、
ディノスシネマズ室蘭が、3月6日まで臨時休業。

▽岩波ホール
3月13日まで臨時休館。3月14日から再開を予定している。

▽早稲田松竹
3月13日まで臨時休館。休館期間の上映作品の振替上映は、現在検討中。

▽シネマイクスピアリ
イクスピアリ臨時休業のため、3月15日まで臨時休館となり、
3月7〜13日に上映を予定していた「キネマイクスピアリ作品 卒業 4K デジタル修復版」、
3月27日開催予定のウィズキッズシネマ「2分の1の魔法」が中止となった。
映画鑑賞券&ムービーファンカードポイントの有効期限が
2月末日のものは期限の延長対応、
チケット返金も行う。営業再開日は、3月16日を予定。

▽Bunkamura ル・シネマ
3月10日まで「男と女 人生最良の日々」
「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」
「レ・ミゼラブル」「シェイクスピアの庭」が上映中止に。
チケットの払い戻し方法は、詳細が決まり次第、ホームページなどで発表。
チケットの半券を切り取らず、手元に保管すること。
また、オーチャードホール、シアターコクーン、ザ・ミュージアムなどで
行われるBunkamura主催企画も中止となった。

▽国立映画アーカイブ
3月8日まで臨時休館。臨時休館中のイベントなども中止し、図書室も閉室する。
2月29日〜3月8日に開催を予定していた
「戦後日本ドキュメンタリー映画再考」の前売り券購入者には、払い戻しを実施。
詳細は、後日公式HPで発表。現在、振替上映の予定はなし。

▽そのほかチケットの払い戻しを実施する映画館
札幌シネマフロンティア、シネマ太陽帯広(3月6〜12日はチケット販売が当日窓口販売のみとなる)、
フォーラム盛岡、アートフォーラム、フォーラム山形、ソラリス、
フォーラム東根、フォーラム仙台、チネ・ラヴィータ、フォーラム那須塩原、
コロナシネマワールド系列、シネシティ ザート、
大阪ステーションシティシネマ、あべのアポロシネマ、
OSシネマズミント神戸、OSシネマズ神戸ハーバーランドなど
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:53| 静岡 ☀| Comment(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。