2014年02月15日

コンテンツビジネス研究会 2014年オープンセミナー

◆コンテンツビジネス研究会 2014年オープンセミナー◆
        ☆開催のお知らせ☆

「コンテンツビジネスの最新動向と海外展開事例」
http://sousakubrain.jp/cbken/modules/eguide/

この度コンテンツビジネス研究会ではご自由に参加いただけるオープンセミナーを開催いたします。
オープンセミナーのテーマは「映画館ビジネスの新たな潮流」と「コンテンツビジネスの海外展開事例」です。
「映画館ビジネスの新たな潮流」では、映画業界の市場動向を始め、
中小独立系映画館の現状や新規市場開拓の取り組みをご説明します。
「コンテンツビジネスの海外展開事例」では、コンテンツの観点のみならず、
文化の観点からも海外展開の留意点をご説明します。
中小企業診断協会の機関誌『企業診断ニュース』2014年2月号に掲載の実績ある内容です。
中小企業診断士はもちろん、コンテンツビジネス支援に関わる方、
興味を持たれている方であればどなたでもご参加いただけます。
お席が限られていますのでお早目にお申込み頂ければ幸いです。
現役芸人ザ・フライ井村の軽妙な司会のもと、学びあるお時間をお過ごしください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

主 催: 東京都中小企業診断士協会認定 コンテンツビジネス研究会
日 時: 平成26年3月23日(日) 18:30〜20:00 (開場 18:15)
場 所: あんさんぶる荻窪 4階 すぎなみ環境情報館 第1会議室
    JR:中央線・総武線 荻窪駅西口(南側)より徒歩3分
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/map/detail.asp?home=H00150

司会進行: 井村会員(人力舎所属 ザ・フライ)

内 容:
1.開会挨拶&2014年度コンテンツビジネスの概況 佐藤会長
(18:30〜18:45)
2.映画館ビジネスの新たな潮流 松嶋会員
(18:45〜19:20)
3.コンテンツビジネスの海外展開事例 加藤会員、高野会員
(19:20〜20:00)

定 員: 50名(申し込み先着順)
費 用: 無料(どなたでもお申込みいただけます。)
申し込み:コンテンツビジネス研究会Webサイト
http://sousakubrain.jp/cbken/modules/eguide/
Webサイトにアクセス出来ない方は必要事項
(お名前、ご連絡先電話番号、メールアドレス)を記入の上、
以下までメールにてお申し込みください。
cbken@sousakubrain.jp
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

コンテンツビジネス研究会 2014年オープンセミナーのお知らせ

◆コンテンツビジネス研究会 2014年オープンセミナーのお知らせ◆

「コンテンツビジネスの最新動向と海外展開事例」

この度コンテンツビジネス研究会ではご自由に参加いただけるオープンセミナーを開催いたします。

オープンセミナーのテーマは「映画館ビジネスの新たな潮流」と「コンテンツビジネスの海外展開事例」です。

「映画館ビジネスの新たな潮流」では、映画業界の市場動向を始め、
中小独立系映画館の現状や新規市場開拓の取り組みをご説明します。

「コンテンツビジネスの海外展開事例」では、コンテンツの観点のみならず、
文化の観点からも海外展開の留意点をご説明します。
中小企業診断士協会の機関誌『企業診断ニュース』2014年2月号に掲載予定の実績ある内容です。

中小企業診断士はもちろん、コンテンツビジネス支援に関わる方、
興味を持たれている方であればどなたでもご参加いただけます。
お席が限られていますのでお早目にお申込み頂ければ幸いです。

現役芸人ザ・フライ井村の軽妙な司会のもと、学びあるお時間をお過ごしください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

主 催: 東京都中小企業診断士協会認定 コンテンツビジネス研究会
http://sousakubrain.jp/cbken/

日 時: 平成26年2月8日(土) 18:30〜20:00 (開場 18:15)

場 所: あんさんぶる荻窪(第一・第二・第三教室)
    JR:中央線・総武線 荻窪駅西口(南側)より徒歩3分
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/map/detail.asp?home=H00150

司会進行: 井村会員(人力舎所属 ザ・フライ)

内 容:

1.開会挨拶&2014年度コンテンツビジネスの概況 佐藤会長
(18:30〜18:45)

2.映画館ビジネスの新たな潮流 松嶋会員
(18:45〜19:20)

3.コンテンツビジネスの海外展開事例 加藤会員、高野会員
(19:20〜20:00)

定 員: 50名(申し込み先着順)

費 用: 無料(どなたでもお申込みいただけます。)
申し込み: コンテンツビジネス研究会Webサイト
http://sousakubrain.jp/cbken/modules/eguide/event.php?eid=5
Webサイトにアクセス出来ない方は必要事項
(お名前、ご連絡先電話番号、メールアドレス)を記入の上、
以下までメールにてお申し込みください。
cbken@sousakubrain.jp(@を小文字にして下さい)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:21| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

ガートナーが提言するIaaS事業者選択の3ポイント

クラウドの時代といわれながらも、まだまだ利用は進んでいるとは
言えないように感じます。
ガードナーの提言に関する記事を読みましたが、
どの事業者のクラウドを採用するのかについては、
やはり、専門家の助言が必要になると感じました。
私たち、ITコーディネータの仕事のひとつでもありますね。
実際のことろは、やはり、個々の企業に必要であり、
効果の得られるサービス内容とコストという視点で
選択肢を絞っていくのが、現実におえるポイントであるでしょう。
選択肢は、広い方が良いのは当然であり、
BCPの視点も重要になるでしょう。
提言のポイントは、必要ではありますが、具体的な選択にあたっては、
優先度は下がりますね。プレイヤーの評価は重要ではありますが、
結局のところ、使えるのか、効果があるのか、ということがクリアできなければ
意味はありませんから。
また、従来から使用しているものからの移行をスムーズに出来ることが
重要いなります。企業内の担当者が使いやすくなければ、大変であるし
コストもかかりますから。
現場の状況を把握し、業務プロセスを確認し、改善出来る点、
クラウド導入することで効果があるポイントなど、きちんと精査して
理解を得て、皆が納得したうえで導入を進めていくことになるわけですから。

ガートナーが提言するIaaS事業者選択の3ポイント
「IaaSを検討する際、キャリアを候補に加える」
「キャリアに限らず、プレイヤーの特性を理解し、クラウド市場との親和性、従来環境からの移行戦略、取り組みを把握・評価する」
「各プレイヤーのビジョン、サービス、技術への投資姿勢を評価基準に加える」

クラウドプレイヤーの分類
(1)クラウドネイティブ:AmazonやGoogleなど
(2)テクノロジープロバイダー:富士通、IBM、マイクロソフトなど
(3)データセンター事業者:ビットアイル、Equinixなど
(4)キャリア:NTTグループ、KDDI、Verizon、BTなど

キャリアクラウド注目理由
「スケール・ビジネス」
「ユーティリティーサービスの提供能力」
「新たな成長へのフォーカス」
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:24| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスモデル学会 2013年秋季大会

ビジネスモデル学会 2013年秋季大会 テーマ:ソーシャルビジネス
日時: 2013年10月26日(土) 10時-18時
場所: 東京大学本郷キャンパス工学部新2号館

-----------------参加メモ----------------------

1.ソーシャルビジネスの可能性と社会デザイン
  ソーシャルビジネス・ネットワーク常任理事 中村陽一氏

今の若者は、経済的な成功・発展の時代を知らないので、経済的成功というものを信用していない、故にソーシャルビジネスへの関心が高い。

戦後の様々な社会運動の歩みがあった上での現在のソーシャルビジネスである。

社会的公共的な財・サービスの提供。現場からのアドボカシー。個人と市民社会をつなぐ新しい中間組織。当事者発の社会的事業。

ソーシャルビジネスとは、
紹介事例に、フローレンス、いろどり、を取り上げて、法人格の違いや目的の違いをあげてました。

ソーシャルビジネスとコミュニティビジネスは、ともにソーシャルレスポンシビティが強くある。
市場経済と非市場経済にまたがり、様々な関係性をデザインして、新しいコミュニティを創生するものでもある。

企業の公共資本主義へのシフト。
コーズマーケティング。

元気アップ。公的支援。

グローバルな展開と関係性。
横文字が多い・ソーシャル・コミュニティ・デザイン…。

社会デザインは、社会をより良く変えていくためのもの。
これまでの社会デザインは、生活に潤いを与え、生きることに喜びをもたらすもの。それだけではないものへ。世界を変えるデザイン。ソーシャルイノベーションデザイ
ン。
チェンジメーカー。ビル・トレインとアショカフェローたち。

人々の心の中に生まれてきている変化が、社会における大きな変化と言えるでしょう。


2.省資源から創資源へ ー見捨てたものに価値をつけるー
  アミタホールディングス株式会社 社長 熊野英介氏

不確実を確実に!
環境情報を集めて加工して提供する。
地上資源事業のサプライチェーン。

3.11をきっかけに定款変更
自然資本と人間関係資本の増加に資する事業のみをする

持続可能な社会循環モデルの確立
環境BPO商品開発
環境リスクと環境コストの低減

市場ニーズと社会ニーズ
社会ニーズの市場化
消費と所有から、共感と共有へ。
量的拡大から、質的拡大へ。

格差を調整するもの、宗教、共産主義、日本的資本主義。量的資本主義ではなく、質的資本主義。

信頼資本財団のチャレンジ

今、事業家が考えるべきは、社会的報酬であり、マインドを変えていく必要がある。

報酬に金を望むのは不安の行動原理からである。金銭を求めるのは不安から、不安がなくなると金を求めることへの関心は低くなる。


3.社会企業スワンベーカリーの取り組みについて
  〜障がいのある人もない人も、共に働き、共に生きていく社会の実現〜
  スワンベーカリー社長 海津歩氏

障がい者の能力開発
初めに褒める
指示を控える
権限移譲

働く人がいきいきしてることが最大のCSR。

個でみるのではなくチームでみる。

社会企業のゴールは、それが当たり前のものとして、社会に定着すること。

今、人が悲鳴をあげている
3つの背景
・グローバル経済
・効率化追求による分業化
・個人主義

自助、共助、公助。

豊かな関係性の修復
人と人、人と自然、自然と自然
居場所と出番と相互扶助

他責にしても解決はない。
人は誰でも価値を持っている。
不要な人は誰もいない。

健常者も障がい者もない。
待つことの大切さ。

4.ミドリムシが地球を救う
  株式会社ユーグレナ 社長 出雲充氏

バングラデシュに学生時代にいき、飢えている人はいなくても栄養失調の人はいることを知り、栄養失調をなくしたい、そのために何をするか、そこで出会ったのが、ミ
ドリムシ。微細藻類ユーグレナ。
ミドリムシ10億匹。錠剤5粒1g。
59種類の栄養素を含んでいる。
ミドリムシの油でジェット燃料の開発。

この世にくだらないものなどない。
稟議書に書く主要取引先はどこ?
ミドリムシを売りに会社を訪ね歩き500社に同じことを言われ断られた。初めてでも良いと言ってくれたのが伊藤忠商事。初めての会社はベンチャーは忘れない。

ベンチャーは、一番でなければ成功しない。二番煎じではだめ。
どんなニッチな分野であってもいいから、その分野で一番になることが大切。

誰でも、一番になれる。499回失敗しても、500回チェンジすれば良い。


5.社員に教えてもらったこと
  日本理化学工業代表 大山隆久氏

ダストレチョークの老舗、昭和34年から障がい者雇用をスタート、はじめは同情からであった。障がい者雇用を継続していくなかでの様々な工夫を行っていった。障がい
者がわかりやすいものは健常者にもわかりやすい。

四つの約束
身の回りのことは自分でできる
簡単な意思表示、挨拶ができる
一生懸命に働く
まわりに迷惑をかけない

責任の自覚
ほうれんそうの徹底

知的障がいを持った社員の長所と苦手なところ。長所を活かし、苦手をフォローする。

この会社に外から来た当初の印象は、社員とともに働くなかで変わっていった。

危機感の感じられない会社
一人からまわり
障がい者の雇用より健常者の雇用を
何もわかっていなかった
一生懸命働く姿とすごさを知って今までの歩みを少しずつ理解
それぞれの役割
こういう会社は絶対に必要と思えた

みんなの目標
障がい者のみんなの目標はシンプルながらも、素晴らしい内容

今後の目指すところは、

・安定した経営ができること
・キャンバスですべての世代にらくがき文化を??
・皆働社会の実現


6.マザーワークによるワークライフバランスの実現
  一般社団法人 マザーワークマネジメント代表理事 藤川立也氏

有限会社フジカワ、株式会社マサイチネット、マザーワーカーを雇用してマザーワークを実現している企業のシステムや制度、体制を、より多くの企業に導入していって
もらうべく紹介している。

子育て女性の労働力、地元の幼稚園、中小企業の三位一体の取り組みによる地域の活性化。

子育て女性の就労
・正社員
・長時間パート
・シフト制パート、アルバイト
・マザーワーク
・専業主婦

子育てのポイント
”つ”が付く年齢までは膝の上で。

一人の正社員に十人のマザーワーカー。

マザーワークリボン活動。

子育て応援コミュニティ
ママ*チャチャ

お客様に感動を与えるエクセレントカンパニー

配偶者控除を考慮した範囲の労働

7.会員発表1
  洋菓子業界の販売情報から生産情報への計画と実行モデル
  松島和史氏

製造販売型多品種生産、温度帯組み合わせの販売・生産体制。
似ているものに、弁当チェーンがあるが、製造のポイントに違いあり。
三分の一ルールの見直し。
商品分類のクラスター分析を販売データ、生産データに対して行う。

モデル構築による生産計画変更の選択肢の検討が可能。

8.会員発表2
  社会イノベーションをもたらすビジネスモデルの可能性に関する考察
  西田治子氏 IMPACT Foundation Japan

ソーシャル・イノベーションの騎手
ソーシャル・エンタープライズ

ソーシャル・アントレプレナーの役割、ソーシャル・エンタープライズの形成プロセス、イノベーション論の視点、成功・発展のために必要なものは?。

ソーシャルビジネス事例分析
Institute for One World Health
Project Impact
Manchester Bidwell Corporation

製薬、医療機器、学校

5つのP
パッション
プレイス
プロジェクト
プラットフォーム
プロトタイピング

5つの要素
ユーザ自身のイノベーション
アイデア・新規性革新性
多用なリソース活用・問題解決の目的指向
ネットワーク・課題解決への共感
ユーザ自身の生き甲斐になる・プロデューサー


9.パネルディスカッション ソリューションビジネス

ソーシャルビジネスにおいては、協働した形のアプローチが多い。

銀座ミツバチプロジェクト
昨年の実績1トン
役員はボランティア
専従社員三名。

暴走する現代資本主義の原点回帰が、公益資本主義、ソーシャルビジネスのように思われる。

ソーシャルビジネスだと意識することなく、会社の存続のために必要なことであるから実践してきたことが、ソーシャルビジネスであっただけ。

ソーシャルビジネスへの一般支援参加のアプローチとして、クラウドファンディングなどはあり得るか?。
経済的なリターンでなく、精神的なリターンを求めている人は多い。ソーシャルビジネスファンドがあっても良いだろう。

障がい者雇用を進めていく中の課題は、高齢者雇用を進めていく中の課題に通じている部分がある。

売上市場主義からの解放、
不安からの脱却、
時代の求めているビジネスのあり方が、ソーシャルビジネスの中に見えてくる。

CSRは、もう古い。
義務感から行う社会貢献は古い。
積極的な社会貢献を行う時代。
CSV。

障がい者雇用は、まずロールモデルを作って、育成していくという考えでアプローチしていくことが必要。
高齢者雇用も、マザーワーカー雇用も同様である。

共感、共鳴の輪を広げていくためにすべきことは何か?。
行っているプロジェクトと似ている他のアプローチとの連係や協働を進めていくことでの横展開。

ソーシャルビジネスの本質
出会った人を役に立てる
人を育てていく
ワクワク感を失わない

----------------------------

ソーシャルビジネスの時代へと時代が変わって行っているようです。
企業のありかたも、資本主義のありかたも、
もう一度、その原点のマインドに戻って、本来のあるべき姿へ
戻っていくべき時代ともいえるようですね。
いきすぎた物質主義、拝金主義からの脱却が社会に企業に経営者に
求められているということです。
人を大事にする、為に生きる、そういったことが出来る企業でなければ
生き残ってはいけない時代へ、進んでいって欲しいと感じました。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

12月10日「人権デー」に向けて

000102920.jpg
12月10日「人権デー」に向けて
啓発活動重点目標
「みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜」
平成25年度啓発活動年間強調事項年間強調事項 17項目
( 1) 女性の人権を守ろう
( 2) 子どもの人権を守ろう
( 3) 高齢者を大切にする心を育てよう
( 4) 障害のある人の自立と社会参加を進めよう
( 5) 同和問題に関する偏見や差別をなくそう
( 6) アイヌの人々に対する理解を深めよう
( 7) 外国人の人権を尊重しよう
( 8) HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見をなくそう
( 9) 刑を終えて出所した人に対する偏見をなくそう
(10) 犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
(11) インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
(12) 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
(13) ホームレスに対する偏見をなくそう
(14) 性的指向を理由とする差別をなくそう
(15) 性同一性障害を理由とする差別をなくそう
(16) 人身取引をなくそう
(17) 東日本大震災に起因する人権問題に取り組もう
第64回 人権週間 12月4日(火)〜10日(月)
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03.html
静岡県人権啓発活動ネットワーク協議会
http://www.moj.go.jp/jinkennet/shizuoka/shizuoka_index.html

親会社の社達がグループウェア掲示板に掲載されました
内容は人権啓発標語募集です。
さて、人権デーに向けての上記の内容、どこまで浸透しているのか、経営層や管理職の皆さん理解して
いるのかなと危惧します。
企業においては、ハラスメント問題への対応をいかに充実させているのかが問われます。形式だけの窓
口設置で利用実績ゼロというのでは意味がないということを理解できているのかが問われるところで
しょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:16| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

クラウドファンディング

 最近話題になっている?、クラウドファンディングですが
実は、行っていることは、まったく新しいものではなく、
昔から行われてきたことが、ネットの利用により、より簡単に
出来るようになっただけのことであったりします。

 もともと、株式会社というものも、同じようなものですし、
政治家の資金パーティーも同じようなものです。
チャリティーや募金も同じであるといえるでしょう。
ようは、多数の人たちから資金をあつめて、
何らかのプロジェクトを遂行するというモデルであるという
だけのことであったりします。
 では、何が違うのかといえば、
気持ち(気分)とリスクであるといえるでしょう。

 クラウドファンディングには、分類すると基本的に3つのモデルが
あるといわれています。

 寄付型、購入型、投資型 の3つです。

類型モデルを示してみれば、

 寄付型:募金
 購入型:チャリティー物販
 投資型:株(証券なしの株と思えばよい)

といったものだといってもよいでしょう。
どのケースについても、
大前提としては、
 「見返りを期待しないこと」
というものがあると言えます。
そこが、今の株とは異なる点であるといえるでしょう。
その意味では、資金を集める側のリスクはとても低いです。
そして、出資する側も、出した金額以上のリスクは存在しません。
投げ銭感覚という言葉が使われるように、
まさに、寄付感覚であるということが大前提となっているわけです。
したがって、投資型も、リターンはゼロということであっても
良いという前提で行われるということになります。
見返りは、投資したプロジェクトが達成されたときに得られる
自分も参加したのだという達成感のお裾分けということです。
まさしく、パトロンの感覚であるといえるでしょう。

この手法においては、残念ながら巨額の資金を集めるのは
非常に困難であるともいえます。
基本が小口ですから、当然といえば当然です。
また、より魅力的なプロジェクトでないと集まりません。
つまり、プロジェクトの魅力をどれだけアピールできるのかが
資金集めの成功に関わるということになります。
魅力のなかには、当然、プロジェクトの遂行者や参加者の
人としての魅力も含まれます。

さて、リスクですが、
出資する側には、とうぜん出資金額分のリスクを自己責任で
負うことになります。
寄付型といっても寄付金控除はありません。
購買型といっても購入品に関する保障はありません。
投資型といっても証券ではないので見返りゼロもありえますし、
収入があれば税金もかかります。
また、出資を受ける側においても、
アイディアの盗用のリスクがありますし
(アイディアは知財権利で保障されません)
寄付型であれば、集まった資金が年間110万を超えたら
贈与税を支払う義務も生じます。
購買型、投資型でも、利益が出れば税を払う必要が出てくる
こともあるわけです。
また、サービス会社の倒産や持ち逃げなどで失うことも
ありえないことではありません。
アイディアの内容によっては、社会的な信用を失うことも
ありえるでしょう。
もちろん、プロジェクトの結果についても同様です。
出資者が、味方になってくれたら良いですが、
敵になる可能性もあるということです。
ネットの世界では、悪い噂が広まる速度も早いということを
きちんと認識しておくべきでしょう。

ちなみに、仲介業者の数もかなり増えてきているようです。
だいたい、手数料として、10%〜20%を得て運営しているようですね。
そういったサービスを利用するメリットは、募集する相手を
探す労力の低減、出資者の管理業務作業の低減があげられます。
もちろん、仲介業者を利用せずに、独自に立ち上げることも可能です。
ネット上であれば、システム構築を提供していく企業もありますし、
能力があれば、自己開発することも可能です。
その意味では、企業がひとつのビジネスモデルとして、
クラウドファンディングを自社運用するということも
今後出てくる可能性があると思います。
広告宣伝に関する分野や、社会貢献に関する分野においては、
ひとつの手段として、上手く活用すればメリットがあるでしょう。
購買型であれば、特殊な商品の販売に活用もできますし、
試作評価の一貫としても利用できるでしょう。
ネットを介することで、ターゲットを世界に広げることも
可能であることが、魅力ともなると言えますね。

ITの利活用の選択肢のひとつとして、
ITコーディネータとしては、興味のあるビジネスアプローチであると
思っています。

クラウドファンディング サービス
10%〜20%

READYFOR? (レディーフォー)
https://readyfor.jp/

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
http://camp-fire.jp/

FAAVO(ファーボ)
https://faavo.jp/

MotionGallery(モーションギャラリー)
http://motion-gallery.net/

COUNTDOWN(カウントダウン)
http://www.countdown-x.com/

マイリングHR
http://hr.myring.me/

WESYM(ウィシム)
http://wesym.com/

MICRO MECENAT(マイクロメセナ)
http://micromecenat.org/

Cerevo DASH(セレボダッシュ)
http://dash.cerevo.com/

IDEAMAN(アイデアマン)
http://ideaman.vc/

Haps!(ハップス)
http://hapsmake.com/

FiRoom(フィルーム)
http://firoom.com/

GREEN GIRL(グリーンガール)
http://greenfunding.jp/

Sportie FUND(スポーティーファンド)
https://cf.sportie.jp/

Mother KOBE(マザー神戸)
http://mother-kobe.com/

Anipipok
http://www.anipipo.com/



クラウドファンディング構築システム

パッケージ型クラウドファンディングサービス
https://www.cybridge.jp/business/integration/crowdfunding/
株式会社サイブリッジ

GREEN FUNDING
http://onemore.co.jp/greenfunding/
株式会社ワンモア

クラウドファンディングサイト構築システム
http://www.cf-web.com/
株式会社ウェブスクウェア
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

TEPS2013 (TRONイネーブルウェアシンポジウム)

今年も、トロンのイベントが開催されます。
コンピュータの世界におけるコア技術の日本発のもののひとつ
どんな状況にあるのか、興味深いところですね。

----------------------------------------------------------------
T E P S 2 0 1 3
(TRONイネーブルウェアシンポジウム2013)
「障碍者、高齢者を支援する最新デジタル技術」
http://www.tronshow.org/

【日時】2012年12月15日(土) 13:30〜16:30 (13:00 受付開始)
【会場】東京ミッドタウン カンファレンス (Midtown Tower 4F)
【主催】T-Engineフォーラム/TRONイネーブルウェア研究会
【共催】東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター
【特別協賛】
株式会社アプリックス/大和ハウス工業株式会社/パーソナルメディア株式会社
株式会社パスコ/株式会社日立システムズ/富士通株式会社
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社/株式会社的
三井不動産株式会社/矢崎総業株式会社/ユーシーテクノロジ株式会社
株式会社横須賀テレコムリサーチパーク

■TEPS2013のご案内
 近年、我々の身の回りを構成する電子機器は急激に進展しています。
携帯電話は、スマートフォンと呼ばれるようになり、数年前のパーソ
ナルコンピュータ以上の機能を持つようになりました。また、電子書
籍端末やタッチパネル型コンピュータのようなタブレット端末も普及
してきました。家電製品をみると、スマート家電と呼ばれるようなイ
ンテリジェントな利用者インタフェースを備えた機器が現実の製品なっ
ています。これらの機器は、単に情報の処理能力が増しただけではな
く、多様なセンサー、カメラ、マイクなどを搭載し利用者や環境に関
するさまざまな状況情報を活用することも可能になっています。

 さらに、インターネットや携帯電話網などのデジタル通信網の普及
と巨大サーバーセンターが組み合わさり、さまざまな情報サービスが
ネットワーク越しに行われるようになっています。こうしたサービス
形態はクラウドコンピューティングと呼ばれ、多種多様な技術やサー
ビスを有機的に結びつけ活用すれば、身体の障碍や不具合の克服に強
力に貢献できる可能性を秘めています。

 そこで今年のTEPSでは、こうした最新デジタル技術に着目し、それ
らが障碍者や高齢者の生活支援にどのように役立つのかを多角的な視
点から議論し深めていきます。



■プログラム(予定)
※最新情報は、http://www.tronshow.org/2013/j/07.html をご覧ください。

13:00 受付開始

13:30〜14:30 基調講演
「障碍者、高齢者を支援する最新デジタル技術」
坂村健(TRONイネーブルウェア研究会会長/東京大学大学院情報学環教授/
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所所長)

14:30〜14:50 休憩

14:50〜16:30 パネルセッション
パネリスト
加治佐 俊一(マイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長、
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者)
植野 治 (株式会社 的 代表取締役)

コーディネータ:坂村 健

16:30 閉会

■TRONイネーブルウェア研究会とは
TRONプロジェクト(プロジェクトリーダー:坂村 健〈東京大学〉)は、
誰もが使えるコンピュータ環境の実現を目指しています。この誰も
がというのは、単に初心者でも使えるということではなく、国籍や
年齢、そして身体の障碍の有無を問わず誰にとっても使いやすいと
いうことを意味します。

私たちは、誰にでも使えるコンピュータの研究開発を推進し、その
ための機能を標準的な機能として普及させるために、1987年から
『TRONイネーブルウェア研究会』(会長:坂村 健)を組織し、活動を
行ってきました。本研究会は、年1回のシンポジウムを開催し、多
くの方々と意見交換や討論を行い、交流の輪を広げています。


■参加要項
【参加費】 無料(要参加申込)
【お申込方法】 以下のページのいちばん下からお申込みください。
http://www.t-engine.org/tronshow/2013/regist/schedule.php?lang=ja#17
※ウェブの利用が難しい方は、ご遠慮なく下記の
TRONイネーブルウェア研究会事務局までご連絡ください。

■会場ご案内
東京ミッドタウン カンファレンス(Midtown Tower 4F、Room7)
http://www.tronshow.org/2013/j/map.html
http://www.tokyo-midtown.com/jp/facilities-service/hall/access.html
−東京ミッドタウンには「ホール」と「カンファレンス」の
2つの会場施設がありますが、TEPSは「カンファレンス」の
ほうで開催されます。
−都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結。
−東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口側から地下通路を
経由し、8番出口より直結。
(日比谷線「六本木駅」より車椅子・ベビーカーにてお越しの
場合、地下通路経由ですと途中階段などの段差が多数あります。
日比谷線「六本木駅」でいったん地上に上がってから、
横断歩道を通ってお越しいただくのが便利です)
−東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分。

■お問い合わせ先
TRONイネーブルウェア研究会事務局
東京都品川区西五反田1-29-1 コイズミビル 〒141-0031
Phone:03-5759-8521 Fax:03-5759-8306
E-mail: erg-office@t-engine.org
----------------------------------------------------------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

第1回 コンテンツ制作・配信ソリューション展 出展検討/開催発表説明会(無料)

コンテンツビジネスへの注目度があがっているということでしょうか。
新しい催しが、来年開催されることになったようです。
コンテンツビジネスについては、
私も関心深い分野ですので、その動向については注目しています。

---------

第1回 コンテンツ制作・配信ソリューション展 出展検討/開催発表説明会(無料)
www.creator-expo.jp/contents/ex

日時: 2012年12月3日(月) 14:00〜15:30

場所:東京ビッグサイト

説明会申込締切:11月19日(月)
 HP(www.creator-expo.jp/contents/ex)から

お問い合せ:
 コンテンツ制作・配信ソリューション展 事務局
 TEL:03-3349-8507 FAX:03-3349-8523
 E-mail:creator-expo@reedexpo.co.jp

内容:
・コンテンツ制作・配信ソリューション展とは
・出展のメリット
・来場予定者の紹介 など
 ※本説明会は、
 「第1回 プロダクションEXPO 東京」
 「第1回 コンテンツ制作・配信ソリューション展」
 「第2回 クリエイターEXPO 東京」
 の合同の開催発表説明会となります。

参加対象者:
下記、技術、サービス、ソリューションを扱う企業
− 制作・編集技術(作る)
  CG・アニメ・ゲーム制作、映像制作、音楽制作、Web制作 など
− 管理・運用技術(管理する)
− 配信技術(届ける)
  配信技術・サービス、決済・認証、マーケティング・販売 など
− 表示・体験環境技術(見る・遊ぶ)
  映像・音楽・ゲーム端末、技術 など


第1回 コンテンツ制作・配信ソリューション展
会期:2013年7月3日(水)〜5日(金)
会場:東京ビックサイト
主催:リードエグジビションジャパン株式会社
来場対象者:
 各種コンテンツプロバイダー、メディア
 コンテンツ制作会社
 企業・団体
 クリエイター

同時開催展
第1回 プロダクションEXPO 東京
第2回 クリエイターEXPO 東京
第17回 [国際] 電子出版EXPO
第20回 東京国際ブックフェア
第3回 ライセンシング ジャパン
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

CMT2012開幕、無料経営相談コーナーにどうぞ。


本日より、Creative Market Tokyo (CMT)2012が開催されます。
http://cmtokyo.jp/2012/
日時:2012年10月23日(火)〜25日(木) 
場所:お台場 ホテルグランパシフィックLE DAIBA
主催:公益財団法人ユニジャパン (経済産業省 関東経済産業局 補助事業)

コンテンツビジネス研究会では、
今年もCreative Market Tokyo (CMT)2012に経営相談コーナーを開設いたします。
ブース出展者の方も一般来場者の方も期間中は無料で経営相談に応じます。
当日、直接ブースまでお尋ねください。
確実に時間を取りたい方は、事前予約を下記のページよりどうぞ
https://sousakubrain.sakura.ne.jp/cbken/modules/liaise/index.php?form_id=6

ブース出展社:http://cmtokyo.jp/2012/exhibitor/
地域PR:http://cmtokyo.jp/2012/localpr/
他情報登録者:http://cmtokyo.jp/2012/information/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

オープンセミナー「コンテンツビジネス支援のための基礎知識」のご案内


 私も参加させていただいている研究会にて
コンテンツビジネスに関する支援にあたってのポイントを
長年、コンテンツ業界でご活躍されていた方を
講師に迎えてオープンセミナーを開催することに
なりました。
コンテンツビジネスに関連するような支援先に関わる方には
ご参考になるかと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・

◆コンテンツビジネス研究会 2012年オープンセミナーのお知らせ◆

「コンテンツビジネス支援のための基礎知識」
http://sousakubrain.jp/
cbken/


この度コンテンツビジネス研究会ではご自由に参加いただける
オープンセミナーを開催いたします。イラスト、キャラクター、映像、
音楽やソフトウェア、デジタルコンテンツといった、
コンテンツに関わる事業者や個人クリエイターのビジネスを支援する際に、
おさえておきたい基礎知識・業界知識を、具体的事例を交えてご説明します。
中小企業診断士はもちろん、コンテンツビジネス支援に関わる方、
興味を持たれている方であればどなたでもご参加いただけます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

主催:東京都中小企業診断士協会所属 コンテンツビジネス研究会
日時:平成24年10月13日(土) 14:00〜16:30 (開場 13:30)
場所:
アットビジネスセンター渋谷 会議室501

 渋谷駅(ハチ公口)より徒歩6分

内容:
 第一部(14:00〜15:20) 
「コンテンツビジネスの特徴」
講師:児玉 昭義氏
  ・コンテンツと一般商品との違い
  ・おさえておきたい著作権知識
  ・契約が重要なコンテンツマーケティング
 〜休憩〜
 第二部(15:30〜16:30)
 「コンテンツビジネス支援事例」
  ・コンテンツビジネス概況
  ・キャラクタークリエイター事業支援事例

定員:33名
費用:2,000円 (当日受付にてお支払いください)

申込:コンテンツビジネス研究会Webサイトより
   お申込みください。
http://sousakubrain.jp/cbken/

問合せ先:
 コンテンツビジネス研究会まで問い合わせ願います。
http://sousakubrain.jp/cbken/

E-Mail:cbken@sousakubrain.jp (@を半角文字にしてお送り下さい)

備考:終了後、懇親会の開催も予定しておりますので、
ご都合のつく方はそちらも是非ご参加ください。

<講師紹介>
児玉昭義(コダマ アキヨシ)
 中小企業診断士
 (神奈川県中小企業診断協会所属・マーケティング実践研究会)
略歴
 1969年〜1985年 パイオニア鰍ノて音響製品商品企画・マーケティング
 1983年〜    中小企業診断士(企業内)
 1985年〜1996年 パイオニアLDC鰍ノて映像コンテンツのマーケティング
 1996年〜2006年
   社団法人日本映像ソフト協会 専務理事・事務局長
   特に映像コンテンツの著作権保護・マーケティング
   文化庁・著作権審議会及び文化審議会・著作権分化科会
   専門委員
 2006年〜2011年
   東京国際映画祭(六本木ヒルズ)において、
   コンテンツマーケットTIFFCOM)開催業務
 2011年 独立開業

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

セキュリティマネジメントセミナー 2012


セキュリティマネジメントセミナー 2012
〜複合化する脅威から企業の情報やシステムを確実に守る

■日時: 9月4日(火)13:30〜17:55 (受付時間 12:30〜)
■会場:ベルサール神田 2F ホールAB
■受講料:無料(事前登録制)
■主 催:ソフトバンク クリエイティブ株式会社
■協賛:
 株式会社ソリトンシステムズ
 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
 図研ネットウエイブ株式会社/フォーティネットジャパン株式会社
 株式会社フォティーンフォティ技術研究所  
■メディア協力:ソフトバンク ビジネス+IT編集部
【受講料無料/お申込み】
http://www.sbbit.jp/eventinfo/14292?ref=120903ev

□プログラム
13:30〜14:30 【基調講演】
 『新しい脅威に企業はどう備えるべきか』
  東京大学名誉教授 東京電機大学 未来科学部 学部長
  未来科学研究科 委員長 安田 浩 氏
-------------------------
14:30〜15:20
 『マルチデバイス環境における認証セキュリティと
  その実現方法』
-------------------------
15:30〜16:10
 『事例で見る!巧妙化する脅威とセキュリティ対策』
-------------------------
16:10〜16:50
 『どこから取り掛かるか!! 最新の脅威対策 』
-------------------------
17:00〜17:40
 『標的型攻撃の行方』
-------------------------
17:40〜18:20
 【特別講演】
 『サイバーセキュリティに関する課題と取組について(仮)』
-------------------------
【受講料無料/お申し込み】
http://www.sbbit.jp/eventinfo/14292?ref=120903ev
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

「中小企業IT経営力大賞2013」候補募集中

中小企業IT経営力大賞
http://www.it-keiei.go.jp/award/

「中小企業IT経営力大賞」とは、
経済産業省が関係機関の共催・協力のもとに主催する
平成19年度に創設された表彰制度です。
優れたIT経営を実現し、かつ他の中小企業が
IT経営に取り組む際の参考となるような
中小企業や組織に贈られます。

「中小企業IT経営力大賞2013」応募方法
http://www.it-keiei.go.jp/award/2013/
募集期間募集期間
:平成24年7月13日(金)から9月28日(金)午後5時まで
事前申込期限:平成24年9月 7日(金)
書類提出期限:平成24年9月28日(金)午後5時

募集対象:
 本制度において募集対象とする中小企業等は、
 以下のいずれかに該当する個人事業者、企業・法人、
 又は、それらによって構成される組合・団体等(以下「組織」)とし、
 かつ、活動主体が国内にあるものとします。
業種分類&規模
○製造業、建設業、運輸業
 資本金3億円以下 又は
 常時使用する従業員300人以下
 ただし、ゴム製品製造業(自動車又は航空機用タイヤ及び
 チューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く)については、
 資本金3億円以下又は従業員900人以下
○卸売業
 資本金1億円以下 又は
 常時使用する従業員100人以下
○小売業
 資本金5千万円以下 又は
 常時使用する従業員50人以下
○サービス業
 資本金5千万円以下 又は
 常時使用する従業員100人以下
 ただし、旅館業については、資本金5千万円以下又は
 従業員200人以下
○ソフトウエア業又は情報処理サービス業
 資本金3億円以下又は従業員300人以下
○その他の業種
 資本金3億円以下 又は
 常時使用する従業員300人以下
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 03:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ITC Conference 2012「ITコーディネータ新時代 〜お客様価値の創造〜」

ITC Conference 2012
「ITコーディネータ新時代 〜お客様価値の創造〜」


ITC Conference 2012
(Information Technology Coordinators Conference 2012)
http://www.itc.or.jp/activity/seminar/itc_conf2012/index.html

会期 2012年8月24日(金)〜25日(土) 2日間
主催 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
後援(予定) 経済産業省、情報処理推進機構、
 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、全国商工会連合会、
 全国中小企業団体中央会、日本税理士会連合会、
 日本行政書士会連合会、中小企業診断協会、
 日本情報システム・ユーザー協会、情報サービス産業協会、
 全国地域情報産業団体連合会、
 全国ソフトウェア共同組合連合会、
 コンピュータソフトウェア協会、
 モバイルコンピユーティング推進コンソーシアム、
 PMI日本支部、itSMFJapan、IIBA日本支部、
 日本プロジェクトマネジメント協会、
 全日本能率連盟、経営情報学会(順不同)


大会テーマ
 「ITコーディネータ新時代 〜お客様価値の創造〜」


中小企業には
「グローバル化」「創業」「事業転換」「人材育成」
「企業間連携」「知財」等、多様な課題があります。
これらの課題に積極的に対応するのがイノベータである
ITコーディネータの役割と考えます。
そのためには、ITコーディネータ自らが変革し、
お客様企業のイノベーションを引き起こすことが必須と考えます。


プログラム
第1日目:8月24日(金)
 基調講演、事例発表、パネルディスカッション
第2日目:8月25日(土)
 事例発表、新技術動向、特別講演

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

ビジネスモデル学会 2011年秋季大会「3.11 それから」

 東日本大震災が与えた社会的な影響には、
様々なものがあるといえるでしょう。
そのなかで、経営のあり方や企業のあり方についても
いろいろな課題が浮き彫りになってきたように
感じられます。
 ビジネスにおけるプロセスや手法をモデリングして
ベストプラクティスを知恵として活用していくものが
ビジネスモデルであるともいえます。
今、新しいビジネスモデルが、求められている部分も
多いといえるでしょう。
もちろん、老舗に学ぶ過去からの優れたビジネスモデルは
今後も健在であり、必要なものだといえます。
それと同時に、時代の変化にあわせた新しいモデルや
モデルの改善なども必要であるということですね。

 震災のもたらしたものは何であったのか、
今一度、確認してみるよい機会といえるでしょう。
関心のある方はぜひ参加してみては如何でしょうか。

----------->>>>>>>>>>>>

ビジネスモデル学会 2011年秋季大会
http://biz-model.org/

大会テーマ 「3.11 それから」

< 日時と場所 >
開催日時:平成23年10月29日(土)10時-18時 交流会18時-20時
開催場所:東京大学本郷キャンパス工学部新2号館

< 主な講演 >

基調講演:「3.11大震災によって企業経営の何が変わったのか」
ビジネスモデル学会副会長/
カーライル・グループ マネージング・ディレクター日本共同代表
 平野 正雄 氏

特別講演1:「空洞化の実態と真の国益」
タイ王国政府政策顧問 松島 大輔 氏

特別講演2:「甦れ!ヘドロから咲く花」〜被災地支援の一般法則〜
元農林水産省生産局花き産業振興室長/
京都大学経済研究所准教授
 佐分利 応貴 氏

特別講演3:「激闘240日!現場からの報告」
〜本物の復興に向けて、これからが勝負だ!〜
事業創造大学院大学准教授 赤木 弘喜 氏

特別講演4:「BCPの反省と再構築」
危機管理対策機構理事 細坪 信二 氏

< 会員発表 >
会員発表1:事例報告
海外での大災害等発生の際の情報伝達方法の現状と課題
外務省(在ハンガリー日本国大使館三等書記官兼副領事)天野真吾氏

会員発表2:研究論文
大規模災害を想定した地方空港の新たなマネジメントモデルの提案
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特任准教授 湊宣明氏

会員発表3:事例報告
震災時における民事責任法の役割
ー風評被害リスクマネジメントとビジネスモデルの構築ー
拓殖大学政経学部 講師露木美幸氏

会員発表4:研究論文:
書籍流通における効率配送のビジネスモデルの研究
―予測法の開発と店舗送品支援システムの構築―
東京大学 工学系研究科 システム創成学専攻博士課程 松島和史氏

< パネルディスカッション >
ディスカッションテーマ:「3.11 それから」
モデレーター: 
 ビジネスモデル学会 松島 克守 会長
パネラー:
 危機管理対策機構理事 細坪信二 氏
 事業創造大学院大学准教授 赤木弘喜 氏
 元農林水産省生産局花き産業振興室長/
 京都大学経済研究所准教授 佐分利応貴 氏
 タイ王国政府政策顧問 松島大輔 氏
 ビジネスモデル学会副会長/
 カーライル・グループ マネージング・ディレクター日本共同代表
  平野 正雄 氏

--------------<<<<<<<<<<<<
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

「ひとを探す、コンテンツに出会う」〜Creative MarketTokyo(CMT)開催

さて、東京国際映画祭が開幕しているなか、
Creative Market Tokyo(CMT)も、いよいよ開幕になります。
コンテンツビジネスに関する経営相談コーナーを
私も参加しているコンテンツビジネス研究会でも行うことに
なっています。
当日でも受け付けていますので、
もし、コンテンツビジネスに関して何か相談したいことが
あるようでしたら、会場で、経営相談コーナーを
たずねてみて下さい。無料で相談を伺っています。

さて、開催中のコ・フェスタ、
期間中、どうしても複数の催しが重なってしまいます。
主管官庁の横連携があまりうまくとれていないことも
あるのかもしれません。
個人的には、どちらか片方にしか参加できなくなって
しまい残念であるように感じています。

さて、コ・フェスタですが、
ここで、もう一度、その主催概要と目的について
大会が紹介している内容を再確認してみましょう。

----------->>>>>>

コ・フェスタ( JAPAN国際コンテンツフェスティバル )
CoFesta( JAPAN INTERNATIONAL CONTENTS FESTIVAL )
http://www.cofesta.jp/2011/en/

主催:コ・フェスタ実行委員会
http://www.cofesta.jp/2011/jp/whats/committee.html

コ・フェスタ( JAPAN国際コンテンツフェスティバル )とは、
日本が誇るゲーム、アニメ、マンガ、キャラクター、
放送、音楽、映画といった
コンテンツ産業および
ファッション、デザイン等コンテンツと親和性の高い産業に
関わる各種イベントが連携して開催する
世界最大規模の統合的コンテンツフェスティバルです。

日本発のあらゆるコンテンツが相互に影響しあいながら連携し、
その発信・伝達のためのメディア技術産業とも連携しつつ
あらたな可能性を創造し、広く海外にアピールしていく
世界最大のコンテンツフェスティバルを目指します。

目的
・日本の各分野におけるコンテンツが相互に連携して
世界に向けて発信し、世界中のコンテンツ関係者が
一度に日本の数多くのコンテンツに触れる機会を提供すること。
・アジアを中心にした世界のコンテンツやコンテンツ関係者の
新たな交流の場とし、国際共同製作や国際ビジネスの
交流に結び付けていくこと。

--------------<<<<<<

といった感じとなっています。
日本の文化的な面と産業とを、国際的にも発展させていく
そんなアプローチでもあるわけです。
また、情報化の進む社会にあって、コンテンツのもつ
価値は、増加していることは間違いありません。
その魅力をどう活かしていくのかは、
産業の活性化だけでなく、地域活性化や教育といった
面においても重要なものとなっているといえるでしょう。

さて、今日から開催されるクリエイティブマーケット東京ですが
名前は変わったりしてきましたが、
これまでも毎年開催されてきたコンテンツビジネスのなかで
重要なクリエイターのみなさんの発掘、そして、ビジネスとして
成功するために、支援すべき機会として注目されているものです。
コンテンツビジネスの関心のある方は、
ぜひ訪れてみては如何でしょうか。


Creative Market Tokyo(CMT)とは、
「ひとを探す、コンテンツに出会う」をテーマにした、
オールジャンルのコンテンツ制作者の"ビジネス登竜門"であり、
販路の確保や製作資金の調達を支援するビジネスマッチング見本市です。
     〜 CMT2011ホームページより

今年は、六本木ヒルズで開催される
アジア最大級のエンタテインメントフォーラム
「UNIJAPAN ENTERTAINMENT FORUM(UEF)」と連携して、
セミナーなども開催されることになっています。
http://www.cmtokyo.jp/2011/event.html


CMTスキルアップセミナー
マンガ・アニメビジネス最前線 〜異業種との新たな市場創造〜
開催日時 10月27日(木)13:00〜14:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
モデレーター 竹内 宏彰
(株式会社ブルズ・アイ 取締役/京都造形芸術大学・金沢工業大学 客員教授)
登壇者 伊能 昭夫
(株式会社集英社 第3編集部 Vジャンプ編集部 編集長 兼 最強ジャンプ編集部 編集長)
事前登録 http://www.unijapan.org/entertainment-forum/27/40f3.html

CMTスキルアップセミナー
『こびとづかん』にみる創造コンセプトのつくり方
開催日時 10月27日(木)15:00〜16:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
モデレーター 陸川 和男
(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)
登壇者 国領 一樹
(株式会社ビルドー 代表取締役)
事前登録 http://www.unijapan.org/entertainment-forum/27/40f4.html

CMTスキルアップセミナー
成功する地域コンテンツ産業育成のポイント
開催日時 10月28日(金)13:00〜14:30
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
モデレーター 藤井 雅俊
(Creative Market Tokyo 2011審査員長)
登壇者 井上 俊彦
(一般社団法人札幌・北海道コンテンツ戦略機構 理事長)
杉浦 幹男
(財団法人沖縄県産業振興公社 産業振興部 ハンズオンマネージャー)
澤 卓志
(福岡コンテンツ産業振興会議)
事前登録 http://www.unijapan.org/entertainment-forum/28/40f6.html


CMT2011プロフェッショナル・プレゼンテーション
開催日時 10月27日(木)16:30〜19:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
プレゼンテーション企業
 株式会社アイディール
 株式会社エイデック
 株式会社勝鬨スタジオ
 キングラン株式会社
 株式会社グリーンキャメル
 株式会社コスモマーチャンダイズィング
 株式会社スタジオ・オカノーション
 株式会社スタジオフェイク
 株式会社日本ホールマーク
 株式会社マインドワークス・エンタテインメント

審査員
 小川 正修(株式会社キデイランド 商品部 購買課 バイヤー/課長)
 小野尾 勝彦(株式会社タカラトミーアーツ ガチャ・キャンディ事業本部 コンテンツ企画部 部長)
 黒木 博(株式会社バンダイ メディア部 ライツビジネスチーム マネージャー)
 酒井 利夫(株式会社キューブ 代表取締役)
 柴田 郁夫(株式会社ベネリック 代表取締役副社長)
 ジェシー・ソレイ(MASSIVERSE LLC CEO/米国)
 殿塚 郁夫(株式会社主婦と生活社 編集第1部 『ねーねー』編集長)
 朴 宗福(SSAK C&M Co.,Ltd. CEO/韓国)

事前登録 不要 どなたでもご自由にご覧いただけます。
協力 株式会社キャラクター・データバンク

Creative Connection Tokyo研究会 発表会
開催日時 10月28日(金)15:00〜17:00
会場 六本木ヒルズ森タワー40F セミナースペース(CMT2011会場内)
第一部 トイブック研究会 中間発表
 登壇者:川口洋司(一般社団法人日本オンラインゲーム協会事務局長)
第二部 新産業・サービス創出研究会
 登壇者:荻野健一(メディアプロデューサー/デジタルハリウッド大学院教授)
第三部 地域コンテンツ活性化研究会
「パネルディスカッション:
 地域コンテンツの他地域への波及方法
 〜超神ネイガーと新潟美少女図鑑の事例から」
 ナビゲーター:吉田就彦(デジタルハリウッド大学大学院教授)
 パネラー:海老名保(超神ネイガープロデューサー)
      近藤大輔(新潟美少女図鑑プロデューサー)
事前登録 不要
 どなたでもご自由にご覧いただけます。当日、直接会場までお越しください。
協力 Creative Connection Tokyo
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

クリエイティブマーケット東京に向けて

 コ・フェスタの期間中ですね。

コンテンツという文化と商品という多様な側面をもったものに
どのようなビジネス的なアプローチがあるのか、
それぞれの業種や分野によって、
さまざまな課題を抱えていたりするものです。
また、新たにクリエイターとして活動していきたいと
思ったとき、どんなアプローチがあるのか、
ビジネスとしてやっていけるのか、
それとも、芸術家としてやっていくのか、
迷うことも多いでしょう。
ひとりで悩んでいてもなかなか妙案が出ないときには
誰かに相談してみるのが一番よい方法であるといえます。
コ・フェスタの各種イベント会場にて、
出会いのなかで、相談したり質問したりしてみて、
何かの気付きを得てみては如何でしょうか。


Creative Market Tokyo(CMT)2011
http://cmtokyo.jp/2011/index.html
会期 2011年10月26日(水)-28日(金)
※10月26日:企画開発マーケット(TIFFCOMと共催)
 10月27・28日:ブース展示 
会場 六本木ヒルズ森タワー

CMT2011経営相談コーナー開設!
コンテンツビジネス研究会では、
今年もCreative Market Tokyo (CMT)2011に経営相談コーナーを開設いたします。

日時: 2011年10月27日(木)、28日(金) 10:30-18:00
場所: 六本木ヒルズ森タワー
主催: 公益財団法人ユニジャパン (経済産業省 関東経済産業局 補助事業)

ブース出展者の方も一般来場者の方も期間中は無料で経営相談に応じます。
事前予約申込みは以下のページより
http://sousakubrain.jp/cbken/
当日も申し込みを受け付けます
(予約を優先させていただきますので空き時間となります)。



いろんな話題が・・・・・・・・・・・


■ニコ動で人気沸騰! アイディール「もふもふパカラッタ」
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4186


■数十億もの胞子を放出!? エイデック「茸田くん」
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4191


■韓国発ガールズキャラ キングラン「CELTA(セルタ)」
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4194


■CREATIVE MARKET TOKYOのポイント
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4148


■先週掲載:CREATIVE MARKET TOKYOを取り巻くビジネスの現状
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4129


■ゴンゾ20周年記念作品「ラストエグザイル−銀翼のファム−」がアジア同日配信
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4189


■9/24 Character Aid 活動報告 in 仙台
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4193
https://www.charabiz.com/characteraid-web/report/report_007.html


■エンターブレイン、クリエーター・ユーザー参加型プロジェクトを立ち上げ
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4187


■東映アニメ、「一休さん」京都観光プロモーションアニメを公開
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4188


■「キャンディベア」がモノレールの期間限定駅長に就任!
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4190


■第4期「キャラビズ塾」 好評開講中!
http://www.charabiz.com/cdb/seminar/juku110804/juku110804.html


■市場を牽引するボリュームゾーン F1・M1層調査 好評発売中
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4017


 

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

Creative Market Tokyo(CMT)2011 経営相談コーナー

Creative Market Tokyo(CMT)2011
http://cmtokyo.jp/2011/index.html
会期 2011年10月26日(水)-28日(金)
※10月26日:企画開発マーケット(TIFFCOMと共催)
 10月27・28日:ブース展示
会場 六本木ヒルズ森タワー


 毎年、コ・フェスタの期間に開催されている
クリエイターのためのビジネスイベントのひとつが
今年も開催されます。
昨年は東京ビックサイトでの開催でしたが、
今年は、その前に利用していた六本木ヒルズ森タワーに
なりました。
 私も参加している、コンテンツビジネス研究会では、
これまでも、経営相談コーナーを会場に開設して、
クリエイターの皆さんの経営相談をおこなってきました。
今年も開催することになりました。
 クリエイターの皆さんは、やはりクリエイティブなことが
大好きであり、地道な経営面については、不明なことも
多いかと思います。ぜひ、この機会に、経営支援の専門家に
相談してみては如何でしょうか。
 中小企業診断士会の東京支部のコンテンツビジネス研究会に
参加している専門家が、会場にて無料経営相談を行います。
事前に予約していただいた方を優先させていただきますので、
ご相談を希望される方は、ぜひ事前に予約申し込みを
しておいて下さるとありがたいです。


CMT2011経営相談コーナー開設!
コンテンツビジネス研究会では、
今年もCreative Market Tokyo (CMT)2011に経営相談コーナーを開設いたします。

日時: 2011年10月27日(木)、28日(金) 10:30-18:00
場所: 六本木ヒルズ森タワー
主催: 公益財団法人ユニジャパン (経済産業省 関東経済産業局 補助事業)

ブース出展者の方も一般来場者の方も期間中は無料で経営相談に応じます。
事前予約申込みは以下のページより
http://sousakubrain.jp/cbken/
当日も申し込みを受け付けます
(予約を優先させていただきますので空き時間となります)。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

コ・フェスタ ・・・ ちょっと危機的な印象も・・・

今年も、コフェスタ開催のようです。
しかし、年々、縮小方向のようなイメージがあり、
開会式は今年はないのかな。
また、コフェスタとしてのイベントも少なくなっていて、
コフェスタそのものの存在が、希薄になっているような
印象を受けます。
ホームページもかなりの規模縮小といった感じで、
あまり冴えません。
やはり、経済産業省の単独での主導では難しいのかなと
いう印象をもったりします。
文化庁、総務省、外務省との連携で、総合的な日本のコンテンツ関連
イベントに持ち上げていけないのが、
日本の行政における縦割りの弊害の結果であると
いうことでしょうか。
オールジャパンで動けない体質をどうにかしないと
日本の未来は厳しいものがあるのかもしれません。
実際に、メインイベントとしてエントリーされている
東京ゲームショーは、今週開幕します。
しかし、その前に、コフェスタの開幕の催しはないようです。
これって、存在を示せないのではないのかなという気がします。
広報も殆ど行なわれていないようですし、
個々のイベントが、それぞれに活動しているだけでしかないと
いった印象です。
コフェスタ、コンセプトには期待されるものがあったものの
運営と企画において、しりつぼみという感じで、
今ひとつというところなのかなと・・・・。
もう少しアイデアを出せば、面白いこと出来る感じがするのに
残念な気がします。
もし、私が、このプロジェクトの担当であったら、
現状には、凄い危機感を感じていることでしょう。
まったく、進んでいないという感じにみえますからね・・・。

劇的3時間SHOW、今年は、どうなるのかな・・・おしまいかな・・・。


Creative Market Tokyo 2011
http://cmtokyo.jp/2011/index.html


コ・フェスタ ( JAPAN国際コンテンツフェスティバル )
CoFesta ( JAPAN INTERNATIONAL CONTENTS FESTIVAL )
http://www.cofesta.jp/2011/index_jpn.html

<オフィシャルイベント( 2011年8月23日現在 )>

東京ゲームショウ
日時:2011年9月15日(木)〜 9月18日(日)
場所:幕張メッセ

日本ゲーム大賞
日時:2011年9月15日(木)〜 9月18日(日)
場所:幕張メッセ

KYOTO CMEX 2011
日時:2011年10月1日(土)〜 11月27日(日)
場所:烏丸御池エリア、太秦エリア(予定)

CEATEC JAPAN 2011
日時:2011年10月4日(火)〜 10月8日(土)
場所:幕張メッセ

第13回「東京発 日本ファッション・ウィーク」(JFW)
日時:2011年10月16日(日)〜 10月22日(土)
場所:東京ミッドタウン・ホール Hall A、その他会場

大阪創造取引所
日時:2011年10月18日(火)〜 10月19日(水)
場所:堂島リバーフォーラム内

第28回ATP賞テレビグランプリ
日時:2011年10月20日(木)
場所:六本木ハリウッドホール

デジタルコンテンツEXPO 2011
日時:2011年10月20日(木)〜 10月22日(土)
場所:日本科学未来館/東京国際交流館

第38回「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール
日時:2011年10月20日(木)〜 10月27日(木)
場所:NHK放送センター

第24回東京国際映画祭
日時:2011年10月22日(土)〜 10月30日(日)
場所:六本木ヒルズ(東京都港区)メイン会場
都内各劇場及び施設・ホールにて開催。

第8回文化庁映画週間-Here&There-
日時:2011年10月22日(土)〜 10月29日(土)(予定)
場所:グランドハイアット東京/六本木アカデミーヒルズ49F 他

国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2011
日時:2011年10月24日(月)〜 10月25日(火)
場所:未定

TIFFCOM 2011 Marketplace for Film & TV in Asia
日時:2011年10月24日(月)〜 10月26日(水)
場所:六本木ヒルズ森タワー40F&49F

第8回東京国際ミュージックマーケット(TIMM)
日時:2011年10月24日(月)〜 10月27日(木)
場所:品川プリンスホテル、品川ステラボール

Creative Market Tokyo 2011 -Brand, Entertainment Contents / Trade & Licence
日時:2011年10月26日(水)〜 10月28日(金)
場所:六本木ヒルズ森タワー40F&49F

東京国際アニメ祭2011 秋
日時:2011年10月27日(木)〜 10月28日(金)
場所:秋葉原UDX(予定)

Inter BEE 2011
日時:2011年11月16日(水)〜 11月18日(金)
場所:幕張メッセ

コミック フェスティバル in 東北 〜コミック出版社 東北応援プロジェクト〜
日時:2011年11月〜12月上旬
場所:仙台市内および東北6県の書店


<パートナーイベント( 2011年8月23日現在 )>

第2回国際科学映像祭
日時:2011年8月10日(水)〜 10月2日(日)
場所:日本国内の科学館・プラネタリウム館、シアターなど38施設

クリエイティブ・インダストリー・ショーケース in 関西2011 ( Cris関西2011 )
日時:2011年9月1日(木) 〜 12月30日(土)
場所:関西各地域

映像フォーラム2011
日時:2011年9月8日(木)〜 9月9日(金)
場所:スペースFS汐留

第33回PFF
日時:2011年9月20日(火)〜 9月30日(金)
場所:東京国立近代美術館フィルムセンター

吉祥寺アニメワンダーランド2011
日時:2011年10月1日(土)〜 10月10日(月)
場所:井の頭駅周辺(井の頭公園ステージ、武蔵野商工会館、吉祥寺シアターなど)

第6回札幌国際短編映画祭
日時:2011年10月5日(水)〜 10月10日(月)
場所:札幌東宝プラザ、シアターキノ

学生クリエーターズ・フェスタ in 新宿 2011
日時:2011年10月15日(土)〜 10月23日(日)
場所:新宿駅東口モア4番街〜歌舞伎町〜大久保公園

LA EigaFest 2011
日時:2011年11月11日(金) 〜 11月13日(日)
場所:チャイニーズシアター(ロサンゼルス)(予定)

映文連 国際短編映画祭「映文連アワード」 〜 International Corporate Film Showi
ng 2011 〜
日時:2011年11月29日(火)〜 12月2日(金)
場所:時事通信ホール、富士フィルム西麻布本社ホール

CP+(シーピープラス)2012
日時:2012年2月9日(木)〜 2月12日(日)
場所:パシフィコ横浜 展示ホール、アネックスホール

第1回町田CON-CANショートフィルム・フェスティバル
日時:2012年2月11日(土)〜 2月12日(日)
場所:町田市民フォーラム
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

第1回子どものコモンセンス知識研究会開催案内

 明日、開催される子育てに関する研究会を
ご紹介します。
一部は、ユーストリームでも中継されるようですので、
関心のある方は、参加されてみては如何でしょうか。

招待講演ライブ中継URL
http://www.ustream.tv/channel/
子育て浜松フォーラム

------------------------------------------------------------

第1回子どものコモンセンス知識研究会(SIG-CCK)開催のご案内

本研究会は、研究対象を幼児(=就学前の小児)から子どもに拡張し、
いじめや発達障害への対処など社会的要請も考慮しながら、
コモンセンスに関する研究討論を行う場にするため、
この4月から「子どものコモンセンス知識研究会」と名称変更しました。

第1回の研究会は、多種多様な個性を持った子どもに対する発達支援を
メインテーマに議論します.

初めて参加される方は、研究会Webページから登録をお願いします。
研究会登録費・参加費は無料です。
http://minny.cs.inf.shizuoka.ac.jp/SIG-ICK/

日時: 平成23年9月10日(土)11:00〜13:30
場所: 静岡大学情報学部 2号館 1階 情14教室
    (静岡県浜松市中区城北3-5-1,
     JR 浜松駅 北口バスターミナル 15,16番のりばからの
     全路線にて「静岡大学」下車.所要約20分)
    http://www.shizuoka.ac.jp/ippan/hamamatsu.html
テーマ: 子どもの発達とコモンセンス
併催: 浜松市100夢プロジェクト「ライブ子育て浜松フォーラム」
    (2件の招待講演はU-streamでライブ配信予定)

プログラム:
11:00-11:05 CCK研究会の趣旨説明(CCK主査・竹林洋一)
11:05-11:25 石川翔吾(静岡大学創造科学技術大学院)(CCK一般講演)
  「子どもの発達理解のための多チャネル映像に基づく行動観察」
11:25-11:30 浜松市100夢プロジェクト「ライブ子育て浜松フォーラム」紹介
      (プロジェクト責任者・桐山伸也)
11:30-12:00 坂根信一(デジタルセンセーション)(CCK+100夢・招待講演)
  「幼児教室における子育て相談の事例と子どもの行動理解」
12:00-12:50 高塩純一(びわこ学園医療福祉センター草津)
(CCK+100夢・招待講演)
  「特別なニーズのある子どもたちへの移動機器開発と発達支援」
12:50-13:10 竹林洋一(静岡大学情報学部)(CCK一般講演)
  「子どもの発達にみるコモンセンス知の獲得」
13:10-13:30 フリーディスカッション

人工知能学会・子どものコモンセンス知識研究会(SIG-CCK)
主査: 竹林洋一 (静岡大学創造科学技術大学院)
幹事: 桐山伸也 (静岡大学情報学部)
    佐藤久美子 (玉川大学リベラルアーツ学部)

---------------------------------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:31| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

知財マネジメント講座


 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)と
東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ(TCPL)にて、
2010年から始まった知的財産管理技能検定1級(コンテンツ専門業務)の
試験科目にも対応した「知財マネジメント講座」を共同で
開発したそうです。

 現在その講座への参加者を26日まで募集中とのこと、
講座は、
2011年9月3日(土)より、開始されて、
9月と10月の土曜日(最終回は日曜日)8日間、
16講座の構成で開講されるようです。

講座の開催場所は、慶應義塾大学日吉キャンパス協生館とのことです。

 個人的には関心のある講座ではあるものの、
今回は、日程的に無理なので、受講の予定はありません。
でも、時間の予定の調整がつく方で、知的財産の管理に関心のある方は
受講を検討してみてもよいのかなと思います。

 最近は、学ぶ機会がいろいろ多くなっていて、
学生の皆さんには、より多くのチャンスが開けているように
おもいます。
そのチャンスをどうつかむのかは、まさに気持ち次第といった
ところなのかもしれませんね。

 

【慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科、
  東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ株式会社と共同開発】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 知的財産管理技能検定1級(コンテンツ専門業務)受検にも対応!
「知財マネジメント講座」 9月に開講 http://www.tcpl.jp/kmd/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■開催日時
9月3・10・17・24(土)10月1・8・29日(土)・30日(日)13:00〜16:10

■講座数
合計8日間・16講座(1日に90分×2コマ実施します)

■講座内容
新たなメディアをプロデュースするための知財、知的財産管理技能検定1級
(コンテンツ専門業務)程度の技能(知財マネジメント基本/ソーシャルメディ
ア/新聞/放送・映像/ゲーム/キャラクタービジネス/音楽/資金調達・価値評価/
法律実務/契約実務/問題解説/模擬試験)

■講師
KMD教授等と、各分野でビジネス実務にあたる講師による講師陣

■関連プレスリリース
http://www.tcpl.jp/kmd/110627_1.pdf

■会場
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
(慶應義塾大学日吉キャンパス協生館)

■一般受講募集人数(定員)
一般受講者50名募集(定員80名※慶應義塾学内から受講先着30名募集)

■受講対象者
◎知的財産管理についての高度な知識を習得したい方
(学生・社会人を問いません)
◎知的財産管理技能検定1級(コンテンツ専門業務)の受験を検討している方
※知的財産管理技能検定1級受験には、実務経験など一定の受験資格が必要です。

■受講費用
A:一般15万円
B:知的財産管理技能士13万円
C:IP技能士センター特別登録技能士・本登録技能士10万円
D:関連団体枠受講者13万円(詳細はお問い合わせください)
E:慶応義塾学内受講者 無料

■講座の詳細(受講基準、受講手続きなどを含む)
http://www.tcpl.jp/kmd/index.html

■本講座の受付締め切り
2011年8月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■お問い合わせ■■
東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ(担当:小西)
〒161-0033
東京都新宿区下落合1-1-8(東京アニメーションカレッジ専門学校内)
TEL:03-5338-9822  EMAIL:info@tcpl.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:07| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする