2011年01月13日

Jリーグ加盟クラブの増加と今後のリーグのあり方?

 Jリーグの準加盟申請が、今年の分が締め切られて
新たに3つのクラブが申請を出したそうです。

 JFL所属 ツエーゲン金沢
 JFL所属 FC琉球
 JFL昇格 カマタマーレ讃岐

 現在の準加盟クラブは、

 JFL 町田ゼルビア
 JFL V・ファーレン長崎
 JFL 松本山雅FC
 神奈川県リーグ SC相模原

の4クラブということで、
新たな申請が認められると、準加盟クラブは7クラブになります。

現在のJ1リーグ所属は、18クラブ。
J2リーグ所属は、20クラブ。
となっています。

全48クラブですね。
県単位にひとつという数になってきてます。
ただ、クラブとしては、県に2〜4あっても良いので、
規模はいろいろとなるでしょうけど、
全国に120クラブとかあっても良いくらいのことを
考えていくのが、百年構想的にもよいのかもしれません。
その場合には、当然、全国リーグではなく、
ブロックリーグ、地域リーグという構成が必要になるでしょう。
イギリスやイタリアのリーグ構成などを参考にしながら、
日本にあった形を考えていけばよいのだとおもいます。


やはり、リーグ戦は、ホーム&アウェイの2試合総当り戦である
べきだと思いますので、変則3試合総当り構成とか、
4試合総当りという感じで、試合数を確保してきた
これまでの流れに、戻るというのも、ちょっとなという気がします。


海外のリーグをみても、年間のリーグ戦とカップ戦、地域戦を
戦う感じで、トップリーグは、だいたい18クラブで
構成されていますから、J1リーグの18クラブは
良いのだと思います。減らしても16クラブ構成でしょう。
今後、加盟クラブが増えていったとき、
J2以下をどのようにするのかを考える方向性と、
J1の上にプレミアリーグをつくることで構成を変えるという
方向性とがあります。
どうも、プレミア構想があるという噂も聞きますが、
日本では、プレミア構想はどうかなという気がします。
10クラブでプレミアという構想であると
また、昔の様に、前期後期性とかにするのかもしれませんが
余り好みではないです。
それよりも、J3をブロックリーグにして構成する方が
良いように感じます。
全国リーグは、J1だけにするという考え方もありますが、
昇格降格の基準を定めるのが大変であるので、
そうも行かないでしょう。
JFLを全国リーグにしている意味が、そろそろなくなって
きているような気がします。
アマチュアのクラブで、全国移動するリーグ戦は経営的にも
大変ですから、JFLは全国規模の大会はカップ戦にして、
リーグ戦はブロックに分けるという方向性として、
その上の位置づけとして、J3を設けるというのが、
今後の地域クラブの増加を発展を考える上でもよいし、
J1のサテライト&ユース相当のチームが、J3にも参加できる
ようにすると、育成面でも良いような気がします。

全クラブ対象の日本最大規模のカップ戦が、天皇杯として
存在しているわけですから、それを頂点の大会として、
グレード毎のカップ戦とリーグ戦があるという構成で、
試合数を確保していくという方向でよいと感じます。
10年後には、100回となる天皇杯は、日本サッカー界の
宝ともいえる大会ですから、より良い環境で、
盛り上げていって欲しいと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

AFCアジアカップカタール2011

さて、アジアカップも開幕して、
サッカーも新しい年を迎えるという感じになってきました。

すでに、Aグループ2試合が終了し、
開催国のカタールが黒星スタート、
中国は白星スタートとなっていますね。
このグループの2位と決勝トーナメントでは
対戦することになるでしょうから、注目ではあります。

さて、Bグループの日本代表も、
いよいよ初戦を迎えます。
先発も発表され、直前でDF陣が怪我で2名入れ替わりましたが
まずは、初戦勝利で、良いスタートを切って欲しいと
おもいます。

       川島
 内田  今野  吉田   長友
    長谷川  遠藤
  松井   本田   香川
       前田

守備は、はじめてな構成ですが、無失点で
終えて欲しいなと思います。
先発の8人が海外組となったスタメンですが、
国内組にも、頑張って欲しいところですね。

#NHK_Asian_Cup

1 GK 川島永嗣 1983.03.20 185cm リールセSK(ベルギー)
21 GK 西川周作 1986.06.18 183cm サンフレッチェ広島
23 GK 権田修一 1989.03.03 187cm FC東京
3 DF 岩政大樹 1982.01.30 187cm 鹿島アントラーズ
4 DF 今野泰幸 1983.01.25 178cm FC東京
2 DF 伊野波雅彦 1985.08.28 179cm 鹿島アントラーズ
5 DF 長友佑都 1986.09.12 170cm ACチェゼーナ(イタリア)
20 DF 槙野智章 1987.05.11 182cm サンフレッチェ広島
DF 永田 充 1983.04.06 184cm アルビレックス新潟
6 DF 内田篤人 1988.03.27 176cm FCシャルケ04(ドイツ)
22 DF 吉田麻也 1988.08.24 189cm VVVフェンロ (オランダ)
12 DF 酒井高徳 1991.03.14 176cm アルビレックス新潟
DF 森脇良太 1986.04.06 177cm サンフレッチェ広島
7 MF 遠藤保仁 1980.01.28 178cm ガンバ大阪
8 MF 松井大輔 1981.05.11 175cm FCトム・トムスク(ロシア)
17 MF 長谷部誠 1984.01.18 177cm VfLヴォルフスブルク(ドイツ)
14 MF 藤本淳吾 1984.03.24 173cm 清水エスパルス
15 MF 本田拓也 1985.04.17 177cm 清水エスパルス
13 MF 細貝 萌 1986.06.10 176cm 浦和レッズ
18 MF 本田圭佑 1986.06.13 182cm CSKAモスクワ(ロシア)
16 MF 柏木陽介 1987.12.15 175cm 浦和レッズ
10 MF 香川真司 1989.03.17 172cm ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
11 FW 前田遼一 1981.10.09 183cm ジュビロ磐田
19 FW 李 忠成 1985.12.19 182cm サンフレッチェ広島
9 FW 岡崎慎司 1986.04.16 174cm 清水エスパルス
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

天皇杯準決勝終了・・・元旦の決勝カード決まる

 第90回天皇杯 全日本サッカー選手権大会の準決勝が
12月29日に開催され、第90回を数える大会のファイナリストが
決定しました。

 鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス

 平成23年1月1日(祝)14:00キックオフ
 国立競技場

ACL出場権に、シーズン最後の栄冠を目指して
Jリーグ開幕時から、注目されていたクラブの
対戦となりました。
はたして、90回目の栄冠は、どちらのクラブに
もたらされるでしょうか。

準決勝

 清水エスパルス 3−0 ガンバ大阪

 鹿島アントラーズ 2−1 FC東京

リーグ戦で0−3と負けた相手に、リベンジして
最後の舞台へと歩みをすすめた清水エスパルス、
J1最後の意地を見せたFC東京に先制されるも
追い付き延長終了間際に逆転した鹿島、
ともに勝利への強い意志をもって戦った試合でした。
決勝も素晴らしい試合になることを期待します。

そして、
清水エスパルスのサポータとしては、
何としても、長谷川健太監督のエスパルスの
集大成として、勝利で終わって欲しいと
願っています。
新しいエスパルスの門出を祝う勝利を
最後の舞台で、サポータに魅せて欲しいです。
元旦は、国立競技場へいって、スタンドから
応援する予定です。
久々の決勝の舞台、よき年明けとなるように
応援させてもらいます。
フォッサ!エスパルス!。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

第90回 天皇杯ベスト4出揃う

 第90回天皇杯 全日本サッカー選手権大会も
クリスマスに準々決勝の4試合が開催されて
ベスト4が出揃いました。

名古屋グランパス 1−2 鹿島アントラーズ

アビスパ福岡 1−1延長1−2 FC東京

清水エスパルス 0−0延長1−1 モンテディオ山形
         PK5−4

ガンバ大阪 1−1延長1−0 浦和レッズ

3試合が延長、1点差という接戦となりました。

準決勝は、29日に行われます。

鹿島アントラーズ vs FC東京
15時 国立競技場

清水エスパルス vs ガンバ大阪
13時 エコパスタジアム

2試合ともに接戦が予想されます。
はたして、元旦に駒を進めるのは、
どのクラブとなり、
元旦の国立競技場で、90回目の天皇杯優勝を
勝ち得るのは、どのクラブになるのか
注目されるところです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

FIFAクラブワールドカップ2010 初の欧州vsアフリカの決勝へ

FIFAクラブワールドカップ2010
http://www.ntv.co.jp/fcwc/

現在、開催中の大会も、残すは、2試合のみ。
3位決定戦と決勝です。
今回、決勝の主審は日本人ということのようで、
代表より先に、栄光のピッチにたつことになったようです。
頑張って欲しいとおもいます。
さて、南米代表が、アフリカ代表にやぶれて、
決勝は、欧州vsアフリカとなりました。
いつか、アジア代表が決勝に登場する日がくるでしょう。
そのときのクラブが、Jリーグのクラブであることを
期待したいとおもいます。

決勝は、初優勝の争いとのこと、
インテルが、まだこのカップを取っていなかったわけで
今回は、かなり本気でとりにきているようです。
どんな試合となるのか注目されるところです。

ヨーロッパ王者(UEFA)
  インテル・ミラノ(イタリア)
南米王者(CONMEBOL)
  インテルナシオナル(ブラジル)
アジア王者(AFC)
  城南(韓国)
アフリカ王者(CAF)
  マゼンベ(コンゴ民主共和国)
北中米カリブ王者(CONCACAF)
  パチューカ(メキシコ)
オセアニア王者(OFC)
  ヘカリ・ユナイテッド(パプアニューギニア)
開催国王者(UFL)
  アルワハダ(UAE)

 アルワハダ 3−0 ヘカリ・ユナイテッド

 アルワハダ 1−4 城南

 マゼンベ  1−0 パチューカ

 マセンベ  2−0 インテルナシオナル

 城南    0−3 インテル・ミラノ

5位決定戦
 パチューカ 2−2(PK4−2) アルワハダ

3位決定戦
 インテルナシオナル − 城南

決勝
 マセンベ − インテル・ミラノ
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

ワールドカップを生観戦する機会は今世ではないのかな・・・

 ワールドカップの2018年と2022年の開催国が
決定しましたね。今朝呟いた予想通りに結果に、
落胆はなかったものの、奇跡があるかなとも淡い期待を
もっていたので残念ではありました。
 日本での開催は、どうやら当分なさそうですね。
次回が南米のブラジル、その次は欧州のロシア、
そして、その次はアジアのカタール。
となれば、その次は、南米、欧州、北米、アフリカあたり
アジアにくるのは、2034年以降でしょうからね。
ただ、日本での開催も、メインスタジアムとして
使用できる8万人以上のスタジアムが必要ですしね。
 ワールドカップが観れるとしたら女子の大会の
開催はあり得るかもしれません。期待したいです。

 さて、これで、ワールドカップは、
ブラジル、ロシア、カタールの順番で、12年間は
続くということになるわけです。
観戦に行くのも大変ですから、ちょっと行けそうも
ないような気がしています。
TV観戦で、楽しむということになるのかな。
でも、絶対にいくぞという熱いファンの皆さんは
いまから、ブラジル、ロシア、カタールへの
旅の計画などなさるのでしょうね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:16| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

第89回全国高校サッカー選手権大会・組み合わせ決定

今年も高校サッカー選手権の開催が迫ってきました。
組み合わせは既に決定して、一部の代表決定を待つだけです。
http://www.ntv.co.jp/soc/tournament/index.html

今回使用される会場ですが、
 国:国立競技場
 N:NACK5スタジアム大宮
 二:ニッパツ三ツ沢球技場
 西:西が丘サッカー場
 埼:埼玉スタジアム2002
 柏:柏の葉公園総合競技場
 江:江戸川区陸上競技場
 等:川崎市等々力陸上競技場
 フ:フクダ電子アリーナ
となってます。

オープニングゲームは、
12月30日(木)国立競技場 13:10
東京B代表の駒澤大高と、熊本代表の大津の対戦となっています。

12月31日 残りの1回戦
 1月2日 2回戦
 1月3日 3回戦
 1月5日 準々決勝
 1月8日 準決勝(国立12:05、14:25)
 1月10日 決勝(国立14:05)

準々決勝までの試合開始時間は、
各会場ともに
第1試合12:05 第2試合14:10 とのことです。

さて、静岡県代表の静岡学園ですが、
1回戦より登場します。
等々力の第二試合で、鳥取代表の米子北との対戦です。
1回戦を突破すると、
あとは、準決勝の国立まで、
すべて、三ツ沢球技場で第二試合と
なっています。
2回戦は、岩手の遠野と愛媛の宇和島東の勝者、
3回戦は、宮城の宮城県工と宮崎の日章学園の勝者と
対戦することになります。
準々決勝の対戦相手となるブロックはなかなか激戦です。
東京Aの駒場と兵庫の滝川第二、
茨城の鹿島学園と大分の大分鶴崎、
広島の広島皆実と青森の青森山田、
この中での勝ち上がり高校が相手となります。

さて、久しぶりに、静岡学園が、全国制覇を
成し遂げてくれるのか、注目といったところです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

Jリーグも、残り2節になりました。優勝も決定し・・・


J1優勝は、名古屋に決定し、
ACL出場権枠の3位までですが、残り試合のカードを観る限りは
G大阪と鹿島が、逃げ切る感じではありますが、
川崎までは、まだ可能性を残しています。
降格争いは、すでに、湘南と京都が決定しており、
次節で、神戸に決まるような感じです。
仙台、大宮、東京は、次節に勝点をあげれば、
残留といったところでしょうか。
賞金圏内の7位争いは、広島から磐田まで可能性あり
最後まで縺れそうです。

J2優勝は、柏レイソルに決定し、
J2からJ1への昇格クラブが決定しましたね。
柏と甲府と福岡が、来シーズンはJ1復帰です。

さて、残る冠は、天皇杯のみです。
クリスマスにベスト8が対戦します。
残っているクラブにとっては、リーグ戦で、しっかりと
クラブの状態を良くしておいて、のぞみたいところです。


J1順位表
順位 チーム      勝点 勝-分-敗 得点 失点 得失点差 残対戦
◎ 1 名古屋グランパス 66 21-3-8 50 35 +15  磐田 広島
△ 2 ガンバ大阪 59 17-8-7 62 42 +20  横浜 清水
△ 3 鹿島アントラーズ 56 15-11-6 48 29 +19  京都 山形
------------------------------------
△ 4 セレッソ大阪 55 15-10-7 48 30 +18  湘南 磐田 
△ 5 清水エスパルス 54 15-9-8 60 45 +15  神戸 G大阪
△ 6 川崎フロンターレ 52 15-7-10 59 45 +14  浦和 仙台
7 サンフレッチェ広島 48 13-9-10 43 36 +7  仙台 名古屋   
8 横浜F・マリノス 48 14-6-12 41 37 +4  G大阪 大宮
9 浦和レッズ 47 14-5-13 47 36 +11 川崎 神戸
10 アルビレックス新潟 45 11-12-9 43 42 +1  大宮 湘南
11 ジュビロ磐田 44 11-11-10 35 41 -6  名古屋 C大阪
12 モンテディオ山形 40 11-7-14 27 40 -13  東京 鹿島
▽13 ベガルタ仙台 38 10-8-14 39 44 -5  広島 川崎
▽14 大宮アルディージャ 38 10-8-14 35 43 -8  新潟 横浜 
▽15 FC東京 35 8-11-13 35 38 -3  山形 京都  
-----------------------------------
▽16 ヴィッセル神戸 32 7-11-14 32 45 -13  清水 浦和
▼17 京都サンガF.C. 16 3-7-22 27 58 -31  鹿島 東京
▼18 湘南ベルマーレ 16 3-7-22 30 75 -45  C大阪 新潟

J2順位表
順位 チーム 勝点 試合 勝 引分 敗 得点 失点 得失点差
1 柏レイソル 76 34 22-10-2 66 23 +43
2 ヴァンフォーレ甲府 68 34 19-11-4 69 38 +31
3 アビスパ福岡 65 34 20-5-9 61 33 +28
---------------------------------------------
4 ジェフユナイテッド千葉 57 34 17-6-11 56 36 +20
5 東京ヴェルディ 55 35 16-7-12 44 33 +11
6 横浜FC 53 34 16-5-13 52 44 +8
7 ロアッソ熊本 51 34 13-12-9 36 39 -3
8 サガン鳥栖 50 34 13-11-10 41 39 +2
9 栃木SC 47 34 13-8-13 42 37 +5
10 徳島ヴォルティス 47 34 14-5-15 49 46 +3
11 愛媛FC 47 34 12-11-11 31 30 +1
12 ザスパ草津 45 34 13-6-15 35 44 -9
13 コンサドーレ札幌 42 34 10-12-12 33 38 -5
14 FC岐阜 41 34 12-5-17 28 43 -15
15 大分トリニータ 39 34 10-9-15 37 47 -10
16 水戸ホーリーホック 37 34 8-13-13 26 40 -14
17 ファジアーノ岡山 31 34 8-7-19 25 48 -23
18 カターレ富山 27 34 8-3-23 36 67 -31
19 ギラヴァンツ北九州 15 35 1-12-22 20 62 -42
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:25| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝までの日程決まる

 4回戦が終了した天皇杯ですが、
決勝までの会場と日程が決定しましたね。

準々決勝 12月25日

 No.81 13:00 カシマ
   鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス

 No.82 15:00 熊谷
   アビスバ福岡 vs FC東京

 No.83 13:00 アウスタ
   清水エスパルス vs モンテディオ山形

 No.84 13:00 万博
   ガンバ大阪 vs 浦和レッズ

準決勝 12月29日

 No.85 15:00 国立
   No.81勝者 vs No.82勝者

 No.86 13:00 エコパ
   No.83勝者 vs No.84勝者

決勝 1月1日 14:00 国立

 準決勝の開催会場の片方が国立とは、
長居あたりかとおもいましたが。

 ともかく、我らが清水エスパルスは、
準々決勝をホームのアウスタ日本平で戦えます。
絶対に勝利して、
準決勝も、地元のエコパスタジアムですから、
絶対に勝利して、
元旦の国立で、今度こそ勝利して歓喜の瞬間を
迎えたいと願います。


 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第22回全国レディースサッカー大会(O40)

 30歳以上の女性の皆さんに、生涯スポーツとして
サッカーを楽しんでもらいたいという趣旨で開催されている大会が
静岡県で行われます。
 参加資格は、1980年(昭和55年)12月31日以前生まれの
JFA登録選手(女性)によって構成されたチームです。
なんと、アンダーエイジ枠があります。
1981年(昭和56年)1月1日から1992年(平成4年)4月1日までに生まれた
JFA登録選手(女性)ですが、ピッチ上には2名までしか出られません。
外国人枠は、5名登録、1試合3名まで出場です。
そんなチームが、全国から集まり、日本一を目指します。
試合は、25分ハーフで行われ、交代は7名まで。
各グループの1位が、1位トーナメントで、優勝を競うわけですが、
すべての順位を決める大会方式ですので、
各順位毎に、トーナメントが実施されます。
大会期間中は、それぞれのチームが、試合を楽しむことが出来ると
いうことですね。登録は30名で、試合登録は18名ということですので
試合によって、先発控えを変えることもできるという
ことになってます。

 なかなかニュースでは取り上げられることがありませんが、
このような大会が、もっと取り上げられて、サッカーが
より身近なスポーツとして楽しまれいけばよいなと思います。

第22回全国レディースサッカー大会
<レディース・エイト(40歳以上)オープン大会>
11/21(日)〜11/23(火)[J-STEPほか]
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2010/ladies_soccer/index.html
 21日(日)<1次ラウンド>
 22日(月)<1次ラウンド・順位別トーナメント>
 23日(火・祝日)<順位別トーナメント>
会場:
 磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカーグラウンド・多目的グラウンド
 静岡産業大学 磐田キャンパス内グラウンド・第二グラウンド(サッカー場)
 (静岡県磐田市)

<Aグループ>
愛媛レディースFC(四国/愛媛)
東京アルテミスSC(関東1/東京)
AYAKO F.C.(北海道)
清水FCレディース(東海2/静岡)

<Bグループ>
トナカイレディースF.C.(九州2/福岡)
習志野ベイサイドスポーツクラブ VIVACE(関東2/千葉)
アジュール兵庫(関西1/兵庫)
長野フレンズ(北信越1/長野)

<Cグループ>
富山レディースサッカークラブ(北信越2/富山)
L.F.Cジャーニー盛岡(東北1/岩手)
広島レディース(中国/広島)
LFC TOYOTA(東海1/愛知)

<Dグループ>
FC.BB(関東3/埼玉)
ディアブロッサ高田FC(関西2/奈良)
スポーツの森・大津マリノス(九州1/熊本)
FC BOSSA(東北2/宮城)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会ベスト8出揃う


 4回戦が実施されて、ベスト8が今年も出揃いました。
準々決勝は、12月25日のクリスマスに開催されます。
準決勝は、12月29日、そして、決勝は、2011年元旦です。

4回戦の結果

 川崎フロンターレ 3(1-1,1-1,1-0,0-1)3 モンテディオ山形
             4 PK 5

 横浜F・マリノス 0(0-0,0-3)3 清水エスパルス

 ガンバ大阪 4(0-0,1-1,1-0,2-0)1 柏レイソル

 浦和レッズ 1(1-0,0-0)0 ジュビロ磐田

 鹿島アントラーズ 2(2-0,0-1)1 セレッソ大阪

 名古屋グランパス 1(1-0,0-1,0-0,0-0)1 アルビレックス新潟
             5 PK 4

 大宮アルティージャ 2(1-1,1-1,0-0,0-0)2 アビスバ福岡
             3 PK 4

 FC東京 2(0-0,2-0)0 ジェフユナイテッド千葉

準々決勝組合せ

 モンテディオ山形 vs 清水エスパルス
 ガンバ大阪    vs 浦和レッズ
 鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス
 FC東京      vs アビスバ福岡

まだ、開催会場は決定していないようですが、
いずれも、激しい試合になることでしょう。
おそらく、注目されるのは、J1で優勝争いをしていて
4回戦で主力を温存して勝ち上がった、
鹿島と名古屋の対戦でしょうか。
そして、青と赤の戦い、ガンバとレッズのカードも
注目されるものと思われます。

とりあえず、我が愛すべきエスパルスは、
特に相性の悪い相手ではないので、
今回の4回戦のように、選手が高いモチベーションで
戦ってくれれば、勝てるものと思っています。

今年の元旦も決勝戦に来ると信じて、
待っていました。結果は残念でしたが、
来年の元旦も、信じて待っていることに決めました。
チケット確保できると良いなとおもっています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

これから観る・観たい劇場公開映画の予告など

 映画好きな私としては、
コンテンツビジネスについても関心があることもあり
コンテンツそのものに対する造詣を深めることも
大事なことだと思いつつ、
とくに、アニメやSF関連を中心に、劇場で鑑賞するように
しています。
やはり、映画は劇場で鑑賞するのが一番良いとおもいます。
スポーツが生で観戦(スタジアムや競技会場)した方が良いのと
同様ですね。
 さて、前売りを買ってしまったものや、
これから公開予定の作品など、観てみたいものも
いくつかあります。
 無事に鑑賞できれば良いのですが・・・
(過去、何回か、前売りを使わずに終わった経験あったりします)

 映画館の入りや、場内の雰囲気も、なかなか楽しみであったり
するのでした。


・マリア様がみてる
http://www.mariasama-movie.jp/index.html
http://www.mariasama-movie.jp/index.html#/movie/flash1
 とりあえず、小説読みたさに前売り買ってしまったので
 観にいこうと思います。

・ボトムズ フェスティバル
http://www.votoms.net/festival/index.html
 ボトムズ3作品、ぜひ劇場で鑑賞したいと思います。

・劇場アニメ『マルドゥック・スクランブル 圧縮』
http://m-scramble.jp/
 観にいきたいのですが、公開劇場が少ないので果たして。

・ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
<a href="http://video.jp.msn.com/?mkt=ja-jp&v id=c8bf42dc-22a0-4307-a4d6-6ccad1a7ba9f&from=ja-jp&fg=dest" target="_new" titl e="ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 予告編">ビデオ: ハリー・ポッターと死の秘宝<br /> PART1 予告編</a>
 定番シリーズ、一応観ないとね。

・宇宙戦艦ヤマト
http://yamato-movie.net/index.html
http://yamato.mapping.jp/
http://yamato-movie.net/movie.html
http://www.mext.go.jp/yamato/
 先のSF大会で、山崎監督の卒業作品を鑑賞させていただきましたが
 さて、最新作品はどんな特撮演出をみせてくれるのか楽しみです。

・マクロスF 恋離飛翼 〜サヨナラノツバサ〜
http://www.macrossf.com/movie2/
 マクロスシリーズの新作、やはりチェックしないとね。

・劇場版BLEACH 地獄篇
・マジンカイザーSKL 第1話 Death Caprice(デスカプリース)
・蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
・ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島
・ONE PIECE 3D 麦わらチェイス
・FANTASTIC MR.FOX(原題)
・鬼神伝
・手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく
・ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2
・メン・イン・ブラック3
・スマーフ
・HEREAFTER(原題)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

今年も辛うじて存続「劇的3時間SHOW」

 さて、コ・フェスタの独自企画として、
実施されてきた「劇的3時間SHOW」ですが、
今年は、10月になっても何の告知もなかったので、
規模縮小の流れでなくなったのかなと思っていましたが、
 実施されるようです。
でも、昨年までのように、連続開催ではなく、
期間をあけての開催で、しかも登壇者も5名のみで、
映画関係者のみという感じとなってしまったようです。
企画内容的には、小規模化して存続といった感じでしょうか。
そして、5人の登壇者も、まだ最初の一人しか
公表されていません。

 とりあえず、第一回目は、
コ・フェスタの主要イベントが終わったあと、
12月13日(月)の開催ということになったようです。

そして、登壇者は、

 映画『ノルウェイの森』の監督
 トラン・アン・ユン氏
 1962年12月23日 ヴェトナム生まれ。75年フランス亡命。
 1993年『青いパパイヤの香り』
 1993年 第46回カンヌ国際映画祭カメラドール賞受賞
 1994年 第19回セザール賞第1回監督賞受賞
 1994年 第66回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート
 1995年『シクロ』
 1995年 第52回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)受賞
 1995年 第22回フランドルフランダース映画祭ゴールデン・スプール賞(グランプリ
)受賞
      ジョルジュ・ドルリュー賞<トン・タ・ティエ>受賞
 2000年『夏至』
 2000年 第53回カンヌ国際映画祭ある視点部門正式出品
 2008年『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』
 2010年『ノルウェイの森』
 2010年 第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品

ということです。
同世代の気鋭の監督が、どんなお話をして下さるのか、
楽しみな限りです。
キーワードは「映画の特殊言語」。

いけるかどうかは不明ですが、一応、参加応募はしておきました。
映画に関心のある方は、ぜひ応募参加してみては如何でしょうか。
応募締め切りは、11月12日(金)正午とのことです。

「劇的3時間SHOW」
http://www.geki3.jp/index.php
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:43| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

Jリーグも残り5試合となりました。

J1リーグは、第29節を終了。
名古屋の独走で、次節にも優勝決定かということは
なんとか回避されましたが、やはり名古屋の優勝の可能性は高いと
いったところでしょうか。

順位 チーム 勝点 得失点差 総得点
1 名古屋 60 +14 47
2 鹿島  52 +19 45
3 G大阪 50 +15 56
----ACL
4 川崎F 49 +15 55
5 C大阪 48 +15 41
6 横浜FM 48 +10 39
7 清水  45 +7 50
----賞金
8 広島  45 +6 38
9 新潟  43 +5 41
10 浦和  41 +8 41
11 磐田  40 -4 33
12 山形  35 -14 23
13 仙台  34 -6 34
14 大宮  31 -11 27
15 F東京 29 -4 31
----降格
16 神戸  29 -13 29
17 京都  16 -26 27
18 湘南  16 -36 28

降格争いは、次説にも、湘南と京都の降格が決定する
可能性があります。

J2リーグは、第33節を終了。
柏が3位以内を確定して、J1昇格を決定しました。

順位 チーム 勝点 試合 得失点差
1 柏   72 32 +41
2 甲府  65 32 +31
3 福岡  58 31 +25
----昇格
4 東京V 52 32 +12
5 千葉  51 31 +20
6 横浜FC 50 31 +10
7 熊本  46 31 -4
8 栃木  44 31 +5
9 鳥栖  43 31 +0
10 徳島  41 31 +1
11 愛媛  41 31 -2
12 岐阜  41 32 -12
13 札幌  38 31 -5
14 大分  37 31 -9
15 草津  36 31 -14
16 水戸  33 31 -13
17 岡山  31 31 -20
18 富山  23 31 -29
19 北九州 15 32 -37

昇格争いは、甲府が一歩リードして、
福岡を、東京V、千葉、横浜FCが追いかけるといった
展開となっています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

レーザーディスクの日、家にある多量な映像の記念品・・・


 パイオニアが、民間用レーザーディスクを発売し
LDソフト70タイトルが出たのが、1981年10月8日であったことから
レーザーディスクの日ということです。
さて、音楽や映像のソフトについては、
それを再生するハードがあってこそ生きるものです。
時代の流れのなかで、変化していっているとはいえ、
一度、世に出した以上は、購入者が死ぬまで、ハード環境のフォローは
行って欲しいものだと思います。

 音楽といえば、レコードですが、
レコードについては、今もきちんとプレイヤーが出ています。
あと、オープンリール、カセットテープ、CD、MDといったあたりも、
ちゃんと再生できるハードを残して欲しいですし、
映像の方も、VHSカセット、βカセット、8ミリカセット、
はもちろんのこと、VHDや、LDについても、
各メーカーは、対応機種を1機種は残して欲しいとおもいます。
そして、今、DVDから、BRへと映像ソフトも変わっていっています。
いずれ、DVDや、BRが、次世代メディアに変わる日も
くることでしょう。
しかし、ソフト購入者が死ぬまで、
それは、最後のソフト発売から、80年くらいは、
しっかりと、対応することを考えて置くべきだということでも
あるのではないでしょうか。

 ビデオソフト、LDソフト、DVDソフト、
それぞれ、1000タイトルはあるだろうからな。
実家の私の倉庫化部屋のなか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:43| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

新体制の日本代表・まずはお手並み拝見

 ワールドカップが終了して、
次回のワールドカップに向けての新体制がスタートする
サッカー日本代表チーム
新監督の初采配となるのは、
国際親善試合、
キリンチャレンジカップ2010
10/8 vs アルゼンチン代表 埼玉ス
10/12 vs 韓国代表@韓国・ソウル
の2試合です。
なかなか、良い試合カードを組めたようにおもいます。
ザックJAPANの船出、どんな試合をみせてくれるでしょうか。

まずは、スタッフと選手が発表されました。
選手は、ワールドカップメンバを中心として構成となりましたが
アジアカップもあることですし、無難な選出といった
ところではないでしょうか。
特に驚くような選抜もなかった気がします。
もう少し、多く選抜するのかなと思いましたが、
シーズン中ということもあって、そうもいかないのでしょう。
アルゼンチン代表と、韓国代表を相手に、
選手の見極めと、戦術の方向性を探る試合になるのかなと
おもいます。
結果も重要ですが、今は内容の方がより重要なところで
あるといえるでしょう。


<スタッフ>
監督:アルベルトザッケローニ(Alberto ZACCHERONI)
コーチ:ステファノ・アグレスティ(Stefano AGRESTI)
    関塚隆
GKコーチ:マウリツィオ・グイード(Maurizio GUIDO)
フィジカルコーチ:エウジェニオ・アルバレッラ(Eugenio ALBARELLA)
アシスタントコーチ:和田一郎
テクニカルアシスタント:ジャンパオロ・コラウッティ(Giampaolo COLAUTTI)

<選手>
GK
川島永嗣 83.03.20 185cm リールセSK(ベルギー) 15/-12
西川周作 86.06.18 183cm サンフレッチェ広島 1/0
権田修一 89.03.03 187cm FC東京 1/-2
DF
田中マルクス闘莉王 81.04.24 185cm 名古屋グランパス 43/8
駒野友一 81.07.25 172cm ジュビロ磐田 59/0
栗原勇蔵 83.09.18 184cm 横浜F ・マリノス 3/0
伊野波雅彦 85.08.28 179cm 鹿島アントラーズ 0/0
長友佑都 86.09.12 170cm ACチェゼーナ(イタリア) 32/3
槙野智章 87.05.11 182cm サンフレッチェ広島 4/0
内田篤人 88.03.27 176cm FCシャルケ04(ドイツ) 32/1
MF
遠藤保仁 80.01.28 178cm ガンバ大阪 98/9
中村憲剛 80.10.31 175cm 川崎フロンターレ 50/5
阿部勇樹 81.09.06 177cm レスター・シティー(イングランド) 49/3
今野泰幸 83.01.25 178cm FC東京 38/0
長谷部誠 84.01.18 177cm VfLヴォルフスブルク(ドイツ) 35/1
本田拓也 85.04.17 177cm 清水エスパルス 0/0
細貝萌 86.06.10 176cm 浦和レッズ 2/0
FW
松井大輔 81.05.11 175cm FCトム・トムスク(ロシア) 28/1
前田遼一 81.10.09 183cm ジュビロ磐田 5/2
関口訓充 85.12.26 170cm ベガルタ仙台 0/0
岡崎慎司 86.04.16 174cm 清水エスパルス 34/17
本田圭佑 86.06.13 182cm CSKAモスクワ(ロシア) 21/6
森本貴幸 88.05.07 180cm カターニャ(イタリア) 8/3
金崎夢生 89.02.16 180cm 名古屋グランパス 4/0
香川真司 89.03.17 172cm ボルシア・ドルトムント(ドイツ) 15/3
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

2010Jリーグ ディビジョン1 残り11試合

 さて、今シーズンのJリーグも、
終盤に入りました、残り11試合で、
名古屋がリードしています。それを連覇を狙う鹿島が
追いかける展開です。勝ち数で、4つの差を付けられた
3位以下のクラブにとっては、残り試合数からいっても
これ以上の差がつくと逆転は難しいといえるでしょう。

さて、我が清水エスパルスにとっては、
次節の名古屋戦が、まさに重要な試合となっています。
負けたら優勝が遠のくだけではなく、
8位と賞金圏外に転落という結果もあり得る試合と
なっているからです。
まさに、今年のシーズンの結果を左右することになる
試合となったといって良いでしょう。
シーズンの折り返しで首位にたったものの
その後は、勝てずに転落していくばかりで、
ここまで来てしまっています。
このままでは、昨年の弐の前となってしまうだけに、
昨年とは違うという姿をサポータに見せて欲しいところです。
勝って、更なる上を目指すきっかけにしてほしいです。
ホームで迎える東海ダービー、
ホームであるし、負けられない試合ともなっているだけに
チケットも指定席は完売、サポーターも熱い想いで
スタジアムに集うことになるでしょう。

ぜひ、清水らしいサッカーで、ホームのサポータと
観客に、勝利の花火を魅せてあげて欲しいと思います。


順位 チーム 勝点 勝-分-敗 得点 得失点差
1 名古屋グランパス 48 15-3-5 36 +11
2 鹿島アントラーズ 43 12-7-4 38 +17
3 セレッソ大阪   40 11-7-5 38 +16
4 ガンバ大阪    40 11-7-5 43 +12
5 清水エスパルス  40 11-7-5 43 +10
6 川崎フロンターレ 38 11-5-7 41 +9
7 横浜F・マリノス 38 11-5-7 32 +8
8 アルビレックス新潟 35 9-8-6 32 +4
9 サンフレッチェ広島 34 9-7-7 27 +0
10 浦和レッズ    32 9-5-9 33 +6
11 ジュビロ磐田   30 8-6-9 27 -6
12 モンテディオ山形 28 8-4-11 18 -10
13 ベガルタ仙台   24 6-6-11 28 -6
14 大宮アルディージャ 24 6-6-11 20 -8
15 ヴィッセル神戸  22 5-7-11 22 -11
16 FC東京     21 4-9-10 22 -6
17 京都サンガF.C.  15 3-6-14 22 -19
18 湘南ベルマーレ  14 3-5-15 25 -27
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:10| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦終了


 天皇杯の1回戦と2回戦が終了しました。
今年は、それほど大きな波乱はなかったといえるでしょう。
2回戦で、学生のチームはすべて姿を消しています。
2回戦の結果で、ジャイアントキリングといえるかなと
思われる試合は、※の3試合といったところでは
ないでしょうか。
特に、ダービーマッチといえる仙台と東京の試合では、
Jクラブが、地元のアマチュアに負けるという結果になってます。

 さて、10月に行われる3回戦ですが、
ほぼ、Jリーグのクラブ対決になっているわけですが、
ここでの注目は、J2クラブが、J1クラブを喰えるのか、
といったところになるでしょうか。
J2で昇格を狙うクラブにとっては、貴重な試合といえるでしょう。


1回戦結果
流通経済大学    0 - 1 アルテ高崎
福島ユナイテッドFC 2 - 3(Ex) ソニー仙台FC
サウルコス福井   0 - 2 富山新庄クラブ
ツエーゲン金沢   3 - 0 JAPANサッカーカレッジ
四日市大学     1 - 5 中京大学
札幌大学      2 - 3 グルージャ盛岡
佐川急便中国SC  2 - 3 デッツォーラ島根E.C
カマタマーレ讃岐  1 - 1PK5 - 4 高知大学
HOYO Atletico ELAN 1 - 2 ホンダロック
東京ヴェルディユース 0 - 1 駒澤大学
佐川印刷SC    3 - 1 奈良クラブ
FC琉球      3 - 1 徳島ヴォルティス・セカンド
Y.S.C.C   0 - 3 鹿屋体育大学
山形大学      1 - 6 ブラウブリッツ秋田
レノファ山口    2 - 0 米子北高校
Honda FC  7 - 2 FC岐阜SECOND
V・ファーレン長崎 4 - 0 環太平洋大学
佐賀大学      2 - 2PK6 - 7 熊本学園大学付属高校
アルテリーヴォ和歌山 3 - 8 大阪体育大学
関西学院大学  1 - 4 MIOびわこ草津
順天堂大学   5 - 4(Ex) ヴァンラーレ八戸FC
東京国際大学  3 - 1 栃木ウーヴァFC
福岡教育大学  2 - 2PK3 - 5 愛媛FCしまなみ
松本山雅FC  7 - 1 玉穂フットボールクラブ

2回戦
 コンサドーレ札幌 4-1 グルージャ盛岡
 大分トリニータ 3-2 ホンダロック
※ザスパ草津 1-3 ギラヴァンツ北九州
 水戸ホーリーホック 4-2 SAGAWA SHIGA FC
 ロアッソ熊本 2-1 愛媛FC
 名古屋グランパス 3-0 中京大学
 大宮アルディージャ 4-1 カマタマーレ讃岐
 浦和レッズ 7-0 東京国際大学
 ヴァンフォーレ甲府 1-0 松本山雅FC
 鹿島アントラーズ 6-0 アルテ高崎
 富山新庄クラブ 0-7 セレッソ大阪
 アルビレックス新潟 3-0 ツエーゲン金沢
 サンフレッチェ広島 4-0 デッツォーラ島根E.C
 ファジアーノ岡山 2-3 アビスパ福岡
 佐川印刷SC 2-3(Ex) 京都サンガF.C.
 川崎フロンターレ 4-0 鹿屋体育大学
 カターレ富山 1-2 横浜FC
 モンテディオ山形 3-0 ブラウブリッツ秋田
 サガン鳥栖 10-0 熊本学園大学付属高校
 ガンバ大阪 6-2 大阪体育大学
 FC岐阜 2-3 栃木SC
 柏レイソル 6-0 順天堂大学
 徳島ヴォルティス 2-1 ガイナーレ鳥取
※ベガルタ仙台 0-1(Ex) ソニー仙台FC
※町田ゼルビア 1-0 東京ヴェルディ
 FC東京 2-0 駒澤大学
 ジェフユナイテッド千葉 3-0 FC琉球
 湘南ベルマーレ 4-0 レノファ山口
 清水エスパルス 2-0 Honda FC
 横浜F・マリノス 3-1 V・ファーレン長崎
 MIOびわこ草津 0-2 ヴィッセル神戸
 ジュビロ磐田 2-1 愛媛FCしまなみ


3回戦組み合わせ
鹿島アントラーズ vs ロアッソ熊本
ソニー仙台FC  vs セレッソ大阪
アルビレックス新潟 vs 町田ゼルビア
名古屋グランパス vs コンサドーレ札幌
サンフレッチェ広島 vs アビスパ福岡
ジェフユナイテッド千葉 vs 京都サンガF.C.
川崎フロンターレ vs 横浜FC
モンテディオ山形 vs 湘南ベルマーレ
清水エスパルス  vs 水戸ホーリーホック
横浜F・マリノス vs サガン鳥栖
ガンバ大阪    vs 栃木SC
ジュビロ磐田   vs ヴァンフォーレ甲府
大宮アルディージャ vs 大分トリニータ
ギラヴァンツ北九州 vs FC東京
柏レイソル  vs ヴィッセル神戸
浦和レッズ  vs 徳島ヴォルティス


さて、われらの清水エスパルスは、静岡ダービーに、
無事勝利して、3回戦へと進みました。
さすがに、ホンダ相手に大量得点とはいかなかったようです。
8日のナビ杯に備えて、選手も入れ替えていましたが、
前半は、どうも相手ペースになってしまっていたらしく
スコアレスドロー、後半になり、選手交代の効果も
あったのか、先制し、ロスタイムに追加点をあげて
逃げ切ったというところのようです。
天皇杯にしろ、ナビ杯にしろ、トーナメントは、
勝たなければ後はないだけに、勝つことに意味があります。
勝ったのでよしということで、
3回戦では、J2の水戸をホームに迎えます。
これも、きっちり勝って、元旦に向けて、歩みを進めて
欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

高円宮杯第21回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

 さて、ユース世代のクラブ日本一を決定する大会が
今年も開幕します。
出場するチームは、

JFAプリンスリーグU-18の勝者20チーム
全国高等学校総合体育大会(インターハイ)上位2チーム
日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会上位2チーム

の計、24チームです。

まずは、1次ラウンドを、
6つのグループに分かれて、総当たり戦を行います。
各グループの上位2チームと、3位の成績上位4チームが
ベスト16に勝ち上がります。

GroupA
柏レイソルU-18(関東地域代表/千葉県)
ジュビロ磐田ユース(東海地域代表/静岡県)
ヴィッセル神戸U-18(関西地域代表/兵庫県)
サンフレッチェ広島F.Cユース(中国地域代表/広島県)

GroupB
清水エスパルスユース(東海地域代表/静岡県)
浦和レッズユース(関東地域代表/埼玉県)
滝川第二高校(関西地域代表/兵庫県)
流通経済大学付属柏高校(関東地域代表/千葉県)

GroupC
コンサドーレ札幌U-18(北海道地域代表/北海道)
愛媛FCユース(四国地域代表/愛媛県)
セレッソ大阪U-18(関西地域代表/大阪府)
東京ヴェルディユース(関東地域代表/東京都)

GroupD
ジェフユナイテッド千葉U-18(関東地域代表/千葉県)
立正大学淞南高校(中国地域代表/島根県)
静岡学園高校(東海地域代表/静岡県)
青森山田高校(東北地域代表/青森県)

GroupE
横浜 F・マリノスユース(関東地域代表/神奈川県)
三菱養和サッカークラブユース(関東地域代表/東京都)
アビスパ福岡U-18(九州地域代表/福岡県)
名古屋グランパスU18(東海地域代表/愛知県)

GroupF
広島観音高校(中国地域代表/広島県)
市立船橋高校(関東地域代表/千葉県)
FC東京U-18(関東地域代表/東京都)
富山第一高校(北信越地域代表/富山県)

・1次ラウンド
9月4日(土)第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
9月12日(日)第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
9月18日(土)第1試合11:00〜、第2試合13:20〜

・決勝トーナメント
9月20日(祝)ラウンド16 第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
10月3日(日)準々決勝 第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
10月9日(土)準決勝  第1試合12:00〜、第2試合14:30〜
10月11日(祝)決勝 15:00〜(予定)

優勝チームには、
●SBCカップ2011ドイツ / ラオプハイム (競技期間:2011年4月〜)
 への海外遠征参加権利が与えられるということです。
といっても、今回参加者の後輩への権利になるのかな。

さて、今回は、清水エスパルスも出場します。
大榎監督のもと、ぜひとも優勝目指して頑張って欲しいと思います。
決勝が、静岡ダービーになったら凄いですけどね。


高円宮杯第21回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2010/takamado_u18/index.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会いよいよ開幕。


 今年も天皇杯の季節になりました。
第90回を迎える今年は、88チームのトーナメントで
国内サッカークラブのチャンピオンが決定されます。

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2011/0101tennouhai/index.html
主催:財団法人 日本サッカー協会/社団法人日本プロサッカーリーグ
共催:NHK/共同通信社
 (1回戦から準々決勝まで、各開催会場都道府県所在共同通信加盟新聞社)
主管:都道府県サッカー協会
特別協賛:スルガ銀行株式会社
オフィシャルスポンサー:アディダス ジャパン株式会社
協力:株式会社モルテン

さて、参加チームは、
J1-18チーム、J2-19チーム、JFL前期上位3チーム が2回戦より登場し、
第34回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝チーム、
都道府県代表47チーム
が、1,2回戦より登場します。

まず、9月3日(金)に1回戦が行われます。
そして、中一日の9月5日(日)に2回戦ということになってます。
正直いって、1回戦参加クラブにとっては、きつい日程です。
Jクラブ相手に万全でいきたいのに、そうできないというのは
日程としては、再考すべきであるように感じます。
JFAは、来年は、もっとちゃんと考えて欲しいなという気がします。
といいたいところですが、どうも、お金のないクラブが
移動を少なくして2試合ということで、金曜の試合のあと
現地に泊まって日曜日に試合ということなのかなとも思ったりしました。

さあ、まずは明日の1回戦。
24試合が、全国各地で開催されます。

1.流通経済大学 - アルテ高崎
2.福島ユナイテッドFC - ソニー仙台FC
3.サウルコス福井 - 富山新庄クラブ
4.ツエーゲン金沢 - JAPANサッカーカレッジ
5.四日市大学 - 中京大学
6.札幌大学 - グルージャ盛岡
7.佐川急便中国SC - デッツォーラ島根E.C
8.カマタマーレ讃岐 - 高知大学
9.HOYO Atletico ELAN - ホンダロック
10.東京ヴェルディユース - 駒澤大学
11.佐川印刷SC - 奈良クラブ
12.FC琉球 - 徳島ヴォルティス・セカンド
13.Y.S.C.C - 鹿屋体育大学
14.山形大学 - ブラウブリッツ秋田
15.レノファ山口 - 米子北高校
16.Honda FC - FC岐阜SECOND
17.V・ファーレン長崎 - 環太平洋大学
18.佐賀大学 - 熊本学園大学付属高校
19.アルテリーヴォ和歌山 - 大阪体育大学
20.関西学院大学 - MIOびわこ草津
21.順天堂大学 - ヴァンラーレ八戸FC
22.東京国際大学 - 栃木ウーヴァFC
23.福岡教育大学 - 愛媛FCしまなみ
24.松本山雅FC - 玉穂フットボールクラブ

そして、その勝者を含めての2回戦が、
9月5日(日)に開催されます。

25. 鹿島アントラーズ - No.1の勝者
26. ロアッソ熊本 - 愛媛FC
27. ベガルタ仙台 - No.2の勝者
28. No.3の勝者 - セレッソ大阪
29. アルビレックス新潟 - No.4の勝者
30. 町田ゼルビア - 東京ヴェルディ
31. 名古屋グランパス - No.5の勝者
32. コンサドーレ札幌 - No.6の勝者
33. サンフレッチェ広島 - No.7の勝者
34. ファジアーノ岡山 - アビスパ福岡
35. 大宮アルディージャ - No.8の勝者
36. 大分トリニータ - No.9の勝者
37. ザスパ草津 - ギラヴァンツ北九州
38. FC東京 - No.10の勝者
39. No.11の勝者 - 京都サンガF.C
40. ジェフユナイテッド千葉 - No.12の勝者
41. 川崎フロンターレ - No.13の勝者
42. カターレ富山 - 横浜FC
43. モンテディオ山形 - No.14の勝者
44. 湘南ベルマーレ - No.15の勝者
45. 清水エスパルス - No.16の勝者
46. 水戸ホーリーホック - SAGAWA SHIGA FC
47. 横浜F・マリノス - No.17の勝者
48. サガン鳥栖 - No.18の勝者
49. ガンバ大阪 - No.19の勝者
50. FC岐阜 - 栃木SC
51. No.20の勝者 - ヴィッセル神戸
52. 柏レイソル - No.21の勝者
53. 浦和レッズ - No.22の勝者
54. 徳島ヴォルティス - ガイナーレ鳥取
55. ジュビロ磐田 - No.23の勝者
56. ヴァンフォーレ甲府 - No.24の勝者

今年も、ジャイアントキリングは起こるのか。
Jリーグクラブが、全て順当に勝ち上がるのか、
注目されるところです。

そして、3回戦は、10月9日、10日、13日の開催です。
4回戦は、11月17日の開催となります。
準々決勝は、12月25日(土)のクリスマス、
準決勝は、12月29日(水)に行われて、
決勝は、2011年1月1日(元日)に、国立競技場で開催されます。

表彰は、優勝クラブに対しては、
天皇杯、NHK杯、共同通信社杯、JOC杯、ドイツ杯、表彰状、メダルの授与があり、
準優勝クラブに対しては、NHK杯、共同通信社杯、表彰状、メダルの授与があります。
そして、賞金ではなく、チーム強化費として、
優勝クラブには、100,000,000円
準優勝には、50,000,000円
第3位には、20,000,000円
が、提供されることになっています。

また、優勝クラブには、ACLへの出場権が与えられます。

さて、ここ2年間は、ガンバ大阪が優勝しており、
今年、3連覇を目指しています。
しかし、トーナメントは何が起こるかわかりません。

もちろん、私は、元旦に、国立で、エスパルスの優勝を観たいと
思っています。
ぜひとも、その期待に、こたえて欲しいなとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする